お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

オプティクロン製OP5000波高率低減(CFR)ICがパワーアンプ効率を強化し無線インフラコストを削減

非線形信号処理技術大手のオプティクロンは本日、様々な通信プロトコルで通信信号のピーク対平均電力比(PAR)を低減させる波高率(クレストファクター)低減用集積回路(CFR IC)OP5000を発表しました。

非線形信号処理技術大手のオプティクロンは本日、様々な通信プロトコルで通信信号のピーク対平均電力比(PAR)を低減させる波高率(クレストファクター)低減用集積回路(CFR IC)OP5000を発表しました。

チャネルごとに設定できる6プログラマブルフィルターや補間オプションなどの重要機能を搭載したOP5000は、WCDMAやHSDPAなどのマルチモード動作のエラーベクトル振幅(EVM)要件を満たしながら、選択性チャネルの性能改善を実現します。データ処理を中心とする各種技術を使って作業する設計者は、このPAR低減機能によりスペクトル適合性を維持しながら動作点の改善を実現することによって、とかくコストがかかるパワーアンプ(PA)性能を改善することができます。設計者は、オプティクロンの完全一体型デジタルプリディストーション(DPD)製品ファミリーOP4400とこのOP5000 CFRを組み合わせたソリューションにより、線形性と効率を改善して業界最高のPA性能を実現することができます。

ターゲットアプリケーションは、GSM、WCDMA、CDMA2000、WiMAX、LTE、その他顧客宅内機器(CPE)やハイエンドインフラ設備に使われるポイント・ツー・ポイント無線アプリケーションです。

オプティクロンのPerry Constantine最高経営責任者(CEO)は次のようにコメントしています。「オプティクロンのOP5000は、変調方式にとらわれない柔軟なCFRソリューションを設計者に提供することによって、信号のPARを効率よく低減させます。OP5000 CFRとOP4400 DPDを組み合わせることによって、集積度をさらに向上させてコストを削減したRFシステムを実現しながら、その効率と性能を改善します。オプティクロンは、設計者がより簡単かつ効果的にRF設計を最適化できるように、柔軟性に優れたソリューションを採用した当社の信号最適化製品群を引き続き充実させていきます。」

OP5000の特長

PARの低減によって、設計者はより効率的な動作範囲でPAを動作させ、貴重なヘッドルームを確保して、コストを削減しながらシステム電力効率を著しく向上させることができます。OP5000 CFRの主な仕様と特長は次の通りです。

- 最大動作周波数125 MHzで最大入力信号帯域20 MHzに対応
- マルチキャリアGSM、2キャリアWiMAX、4キャリアWCDMAアプリケーションをサポート
- リモート無線ヘッド(RRH)、顧客宅内機器(CPE)、ベースステーションインフラならびにリピーターに最適
- WCDMA 信号でPARを最大6 dB低減
- 6チャネルそれぞれにプログラマブルエラーフィルターを搭載
- OP4400 DPDとのシームレスな統合を実現
- 16ビットCMOS出力によりDPDとのインタフェースが容易
- 設置占有面積が小さい(14 mm×14 mm)169ピンBGAパッケージ仕様

OP5000 CFRのパッケージ仕様、価格および発売時期

OP5000-125IBBGは小型(14 mm×14 mm、ボールピッチ1.0 mm)の169ピンBGAパッケージ仕様で、工業用最大動作温度範囲は-40℃~+85℃。鉛フリー設計でRoHSに適合しています。サンプル出荷は2008年第1四半期に予定しており、2008年第1四半期の後半には量産を開始する計画です。100個の量産単価は38.00ドルです。

オプティクロンについて

オプティクロン(Optichron, Inc.)は非線形信号処理ソリューション大手企業で、通信アプリケーション向けにシステムレベルのコストパフォーマンスを大幅に改善する集積回路(IC)を設計・製造しています。同社が特許を持つOptichron(R)線形化技術は、信号処理システムでよく問題となる非線形歪みを補正するのに最も効率的なソリューションを提供します。信号の線形化によりヘッドルームが増加し、より低い製造・動作コストでより高速・高効率のシステムを設計できます。同社および製品について詳しくはウェブサイト( リンク )でご覧ください。

OPTICHRON(R)およびHexagon Design(TM)はいずれもOptichron, Inc.の商標です。文中で言及されている他の製品名はそれぞれの所有者の財産または商標です。


概要: Optichron (オプティクロン)

オプティクロンは、非線形信号処理ソリューションの大手企業で、通信アプリケーションにおけるシステムレベルのコストパフォーマンスを大幅に改善する集積回路を設計・製造しています。同社のOptichron(R)線形化技術は、あらゆる信号処理システムで問題となる非線形歪みの補正に、最も効率的なソリューションを提供します。信号の線形化によりヘッドルームが増加し、より高速で効率のよい、製造・運用コストの低いシステムを設計できます。同社および製品の詳細は リンク をご覧ください。

OPTICHRON(R)およびHexagon Design(TM)はいずれもオプティクロン社の商標です。他社の製品名は各所有者の財産または商標です。



お問合せ先:

プレス広報担当
Jeff Muscatine
リーコミュニケーションズ
(オプティクロン広報代行)
電話: 650-320-8308
電子メール:jeff@leecommunications.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社