お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

製品品質の向上と開発の効率化を実現する Coverity製品「Prevent SQS」がACCESS社に採用

-エンドユーザへ最高品質の製品提供を実現-

静的ソースコード解析ツールのリーダーであるCoverity, Inc.(CEO:Seth Hallem、 本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、以下コベリティ社)は、コベリティ社製品Preventが、株式会社ACCESSTM(以下ACCESS)の携帯端末および情報家電向けブラウザ、「NetFront® Browser」の開発効率向上のため採用されたことを発表します。

コベリティ社のPreventが7月より「NetFront Browser」の開発効率向上目的で導入され、それまで使用されていた静的ソースコード解析ツールと比べ、誤検知率が大幅に低減され、バグなどの修正作業量は約5分の1となり、製品開発生産性が大きく向上しました。

コベリティ社製品Preventは、誤検知率が格段に低く、プロシージャー間解析が可能で、不具合の場所や種類を的確に指摘するレポーティング機能が優れています。そのため、開発中のソフトウェアの不具合を早期に発見する事が可能で、ソフトウェア開発の生産性を大幅に向上させます。また導入にあたって、開発環境やソースコードの変更といった複雑な作業を必要せず、トレーニング後すぐに使用が可能なため、導入コスト以上の効果が期待できる製品です。

なお、今回の導入は、コスト面でも採算がとれるものであると見込まれており、今後もPreventの提供を通じて、ACCESSをはじめとする開発効率向上を目指す多くの企業のソフトウェア開発工程を短縮し、複雑化するソフトウェアの開発を効率的にサポートしていきます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社