お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Barracuda NetworksがNetContinuumを買収

戦略的な買収によってApplication Delivery Controllers (ADC)市場を拡大

Eメール/WebセキュリティアプライアンスのワールドワイドリーダであるBarracuda Networks, Inc.(本社:米国カリフォルニア州キャンベル、プレジデント兼CEO:Dean Drako)は、NetContinuum(Web Application Firewalls製品の主要なメーカー)の買収を完了したと発表しました。Barracuda Networksは、業界にて賞を授与しているNetContinuumの製品を自社製品群へ追加することで、Application Delivery Controllers(ADC)市場への顧客拡大において強力なポジションを獲得することになります。NetContinuumは、フォーチュン100企業の多くをユーザとして持ち、Webセキュリティ、トラフィック管理、SSL処理の高速化を統合し、あらゆる規模のWebサイトを保護するために使いやすいソリューションを開発しています。

Barracuda Networksの社長兼CEOのDean Drakoは今回の買収をこのように述べています。「ご存知のように、NetContinuumはApplication Delivery Controllers (ADC)市場で既に認められたリーダー企業です。この買収によってBarracuda NetworksはセキュアなWebサイトを構築するための、使い易いアプライアンス機器の提供が可能となるでしょう。Barracuda Networksの製品の強み、販売チャンネルと、成熟し、高く評価されているNetContinuumの製品とを融合することで、業界のリーダーとしてWebサイトセキュリティが必要なお客様へもソリューション提供が可能になると確信しております。」

Barracuda Networksは、これまで世界中50,000以上のお客様へ、アプリケーションサーバロードバランシング、Eメール、インターネットと、WebとIM保護のための統合化ネットワークソリューションを提供しています。今後は80ヵ国にわたる既存の世界的な販売チャンネルを利用してNetContinuum製品ラインをより幅広く市場に送っていきます。

PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)対応が求められるEコマース業者をサポート

2006年後半にロードバランサー製品の出荷を開始して以来、Eコマース業のお客様からの声を通じ、現在の一般的なWebアプリケーション・ファイアウォールには大きな問題が存在するということが判りました。大手クレジットカードサービス提供会社は、加盟店契約しているEコマース企業のシステムに対して、2008年6月30日までにPCI DSS(*)を満たすよう強く要求しているからです。これらのEコマース企業は、2008年6月30日までにPCI DSSの必要条件6.6を満たすように、Webアプリケーションソフトのコードを書き換えるか、またはPCI DSSの条件を満たしたWebアプリケーション・ファイアウォールを設置するといった方法による対応を模索しています。

Barracuda NetworksのVP product management のStephen Paoはこのように述べています。「私達は、多くのEコマース企業が、自身が提供するWebサイトを十分に脅威から保護しておらず、その結果無許可のアクセス、顧客データの盗難、Webサイトそのものを狙った攻撃に対して脆弱であるということが判っています。Barracuda Networksは、複雑なテクノロジーを、そのビジネス規模の大小に関らず、お客様が使い易いようにアプライアンス化することに非常に長けております。」 

Barracuda Networksは、計画としてNetContinuumの既存製品のサポート力は保持し、ADC分野の製品開発の投資を増やす予定です。NetContinuumの75人の多くの従業員は、Barracuda Networksのチームにすでに加わっています。 

Barracuda Networkは引き続きNetContinuumの持っていた販売チャネルのパートナーと協業し、既存のお客様ならびに将来のお客様へ、よりよいサポートサービスを全世界で提供していく予定です。 

*なお、旧NetContiuum製品の日本国内での販売については、当面の間、従来どおり住商情報システム株式会社で取り扱います。

【Barracuda Networks, Inc.について】
Barracuda Networks, Inc.は、Eメール、インターネット、IMを包括的に保護するネットワーク・セキュリティ・アプライアンスのリーディングプロバイダです。現在世界中の40,000社以上の顧客に利用されており、代表的な顧客には、Adaptec、Caltrans、CBS、Georgia Institute of Technology、IBM、NASA、Pizza Hut、Union Pacific Railroad Company、そしてU.S. Treasury Departmentなどが挙げられます。Barracuda Spam FirewallおよびBarracuda Spam Firewall ? Outboundでは、スパムやウィルス、またはEメールセキュリティポリシーの違反から組織を守ります。Barracuda Web Filterでは、スパイウェア、マルウェア、そしてウィルスに対して、包括的なコンテンツフィルタリングと完全なネットワーク保護機能を提供しています。また、Barracuda IM Firewallは、IM(インスタント・メッセージング)のトラフィック管理とセキュリティ向けに、オールインワン・ゲートウェイ・ソリューションを提供しています。Barracuda Load Balancerは、設定が容易で、複数のサーバにわたるセキュアかつ包括的なIPネットワークトラフィック管理機能を提供しています。本社をカリフォルニア州マウンテンビューに置くBarracuda Networksは、プライベートカンパニーであり、海外拠点として8ヵ国にオフィスを配置しており、43ヵ国以上で正規販売代理店と提携しています。バラクーダネットワークスの詳細情報はwww.barracuda.co.jpをご覧ください。


【日本での取り扱い製品について】
バラクーダネットワークスジャパンでは、現在以下の製品を取り扱っています。

Barracuda Spam Firewall
モデル 200/300/400/600/800/900 (6モデル)

Barracuda Web Filter
モデル 210/310/410/610/810/910 (6モデル)

Barracuda Load Balancer 
モデル 240/340/440/640 (4モデル)

※ 本リリースに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
バラクーダネットワークスジャパン株式会社
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-7-2 スペーシア五反田202
電話:03 5436 6235
FAX:03 5436 5128
E-MAIL:jpinfo@barracuda.com
URL:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社