お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ウイングアーク、Dr.Sum EA Visualizer Ver2.5の機能強化版「SP1」をリリース  操作性の向上や機能強化をはかり、動的な集計がさらに進化

 Form&Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(以下、ウイングアーク テクノロジーズ、本社:東京都港区、代表取締役社長:内野弘幸)は、企業内のあらゆる情報を多彩なチャートで表現し可視化する経営コックピット「Dr.Sum EA Visualizer Ver2.5」の機能強化版サービスパック「Dr.Sum EA Visualizer Ver2.5 SP1」を10月18日より出荷することを、お知らせいたします。

 「Dr.Sum EA Visualizer」は、多次元高速集計検索エンジン「Dr.Sum EA」で集計されたデータを、多彩なチャート機能やグラフィカルなイメージでポータルに表示し、データの可視化をはかるツールです。企業内に蓄積されるデータから経営環境の変化を素早く察知し、ビジネスに役立つ情報を動的に集計することができます。この度のサービスパック製品を出荷し、より高度な集計、ユーザビリティの高い操作性をたかめる機能強化をはかり、お客様にとって利用しやすいデータ集計環境を提供いたします。

「Dr.Sum EA Visualizer Ver2.5 SP1」の機能強化の詳細については以下の通りです。
■Dr.Sum EA Datalizer for Webとの連携強化
「Dr.Sum EA Visualizer」と、Webブラウザ上で数値データを集計する「Dr.Sum EA Datalizer for Web」の連携機能が強化されました。
・GUI操作による定義ファイルの指定が可能となり、簡単に「Dr.Sum EA Visualizer」に「Dr.Sum EA Datalizer for Web」の集計結果を表示できます。
・「Dr.Sum EA Datalizer for Web」の定義ファイルに設定された抽出条件を「Dr.Sum EA Visualizer」のページ上に表示できます。設定された抽出条件は両製品に反映され、一度の設定で両製品の抽出条件が更新できます。
これらの機能により、作業工数をかけずに、データを様々な角度から比較することが可能となりました。また複数の集計結果を一度に表示可能で、集計結果を同時にさまざまな角度から比較でき、自由が高く複雑な集計環境を提供します。

■外部認証システムとの連携
「Dr.Sum EA Visualizer」とシングルサインオンを目的とした外部認証システムの連携により、外部認証システムによって認証済みユーザは、Dr.Sum EA Visualizerへのログイン操作を省略して、ダイレクトにデータ集計作業にとりかかることができます。

なお、「Dr.Sum EA Visualizer」詳細については下記URLをご参照ください。
 リンク

■稼働環境
Dr.Sum EA Visualizer 2.5 SP1(サーバ環境)

<OS>
Microsoft(R) Windows(R) 2000 Server
Microsoft(R) Windows(R) 2000 Advanced Server
Microsoft(R) Windows(R) Server(TM)2003
Microsoft(R) Windows(R) Server(TM)2003 R2
Microsoft(R) Windows(R) Server(TM)2003 x64
Microsoft(R) Windows(R) Server(TM)2003 R2 x64

<CPU>
Pentium III 1GHz以上(32bit環境)
Intel Xeon(EM64T) 1.6GHz以上(64bit環境)

<メモリ>
最小256MB、512MB以上を推奨(32bit環境)
最小1GB、2GB以上を推奨(64bit環境)

<HDD>
250MB(PostgreSQL、JDKなどで使用されるサイズは除く)

<ネットワークプロトコル>
TCP/IP

<必要なソフトウエア>
Dr.Sum EA 2.4以上(Dr.Sum EA 2.5を推奨)
PostgreSQL8.0、8.1

<対応ブラウザ>
Internet Explorer 6.0以降

<動作可能なJDK>
JDK5.0 Update 12以上を推奨

<外部連携対応DB>
JDBC経由(Oracle9i、 Oracle10g、Oracle10gR2、
SQL Server2000、SQL Server2005、 DB2 8.1 、DB2 8.2)

<取り込み可能>
Excelファイル Excel2000、Excel2003

[ウイングアーク テクノロジーズについて]
「Form&Data」のウイングアーク テクノロジーズは、大手SI企業や企業の情報システム部門が取り組むシステム開発と現場業務の効率化をはかるため、「帳票、レポート、ドキュメント」の分野に特化したツール・ミドルウエア製品、サポート、導入支援、トレーニング等のサービスを提供します。とくに、情報システムに共通する「データ」のINとOUTに対して、業務に見やすい「フォーム」を使ったユーザインターフェイスによって、ソフトウエアの組み合わせによる短期システム構築と、わかりやすい業務の運用を実現しています。
・「StraForm-X」【帳票入力】業務にあるドキュメントのデータ化とWebシステム化
・「Dr.Sum EA」【データ活用】業務に蓄積されるデータの高速な集計分析と可視化
・「SVF」【帳票出力】基幹系帳票システムの統合・共通化、帳票運用の効率的な一元化

[会社概要]
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2004年3月
資本金:1億円
売上高:70億円(2007年2月期)
従業員数:146名(2007年2月現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。
URL:リンク

<製品に関するお問合せ先>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社  
〒108-0075 東京都港区港南1-8-15 Wビル14F
TEL:03-6710-1700  FAX:03-6710-1701  
E-mail:drsum@wingarc.co.jp

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社