お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

フォーティネットが金融業界の経験豊富な、ケン ゴールドマンを最高財務責任者に任命

熟練したエグゼクティブが財務、経営、ビジネスの確かな専門知識を同社にもたらす

Unified Threat Management/統合脅威管理(以下、UTM)市場のリーディングベンダー、Fortinet(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、日本法人:フォーティネットジャパン株式会社、東京都港区、以下、フォーティネット)は本日、経験豊かで名高い金融業界のベテラン、ケン ゴールドマン(Ken Goldman)を最高財務責任者(CFO: Chief Financial Officer)として同社に迎えたことを発表しました。

ゴールドマン氏は財務、経営、ビジネス管理における幅広い経験と確固とした実績を持つ、熟練したエグゼクティブです。同氏はシーベルシステムズに2000年8月から2006年1月のオラクル社による買収完了まで勤務し、財務および管理担当の上級副社長兼CFOを務めました。それ以前はExcite@Home、サイベース、サイプレス セミコンダクター、およびVLSIテクノロジーの各社でCFO職を歴任しています。またいくつかの主要テクノロジー企業(株式公開企業および非公開企業)で取締役、監査委員会の委員長、財務顧問を務めた経験も有しています。


ゴールドマン氏は1971年にコーネル大学で電気工学の学士号を、1974年にハーバード ビジネススクールでMBAを、それぞれ取得しています。また財務管理者協会(The Financial Executive Institute)サンタクララ支部の会員で過去には支部長も務めたほか、2000年から2004年までFASAC(Financial Accounting Standards Board Advisory Council:財務会計基準委員会諮問委員会)の委員でした。


フォーティネットの創業者で同社の社長兼CEOであるケン ジー(Ken Xie)は次のように述べています。「ケン ゴールドマン氏は業界で最も尊敬される財務エグゼクティブの一人として名声を得てきました。数多くのキャリア選択肢がある中で彼がフォーティネットへの入社を決意したことは、当社の実績と企業としての将来性を証明するものです。フォーティネットが未来に向かって進んでいく中、ゴールドマン氏の豊かな経験は当社にとって大きな力となります。彼の参加を嬉しく思うと同時に、当社への貢献を大いに期待しています」


※フォーティネットの名称はFortinet, Inc.の登録商標です。Fortinet、FortiGate、FortiOS、FortiAnalyzer、FortiASIC、FortiAnalyzer、FortiCare、FortiManager、FortiWiFi、FortiGuard、FortiClient、およびFortiReporterはFortinet Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。その他製品名などはそれぞれ各社の登録商標です。

用語解説

フォーティネット会社概要 (www.fortinet.com)
フォーティネットは複合脅威に対応するASICベースのUTMシステムを提供するリーディングベンダーです。フォーティネットのセキュリティシステムは、セキュリティ性を高めるとともにトータルコストを下げることから、多くの企業やサービスプロバイダなどに利用されています。フォーティネットが提供するソリューションは初めから様々なセキュリティプロテクション(ファイアウォールや、アンチウイルス、侵入防御、VPN、アンチスパイウェア、アンチスパムなど)を統合するために作られており、ネットワークおよびコンテンツレベルの脅威から顧客を守るよう設計されています。カスタムASICと統合型インターフェースに優れたフォーティネットのソリューションはリモートオフィスから筐体ベースのソリューションに至るまで、統合管理 報告で優れたセキュリティ機能を提供します。フォーティネットのソリューションはこれまで様々な賞を世界中で受賞しており、ICSAから6種類の認定(ファイアウォール、アンチウイルス、IPSec、SSL、IPS、アンチスパイウェア)を受けた唯一のセキュリティ製品です。フォーティネットはカリフォルニア州サニーベールに本社を置く非上場企業です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社