お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

モバイルビデオの競争がモバイルオペレータを脅かす

米国の調査会社インスタット社は携帯電話向け動画配信市場を調査・分析を行い、「米国のモバイルビデオサービス」レポートを出版しました。このレポートの出版にあたりインスタット社では、新しい技術とビジネスモデルによって、モバイルオペレータがビデオコンテンツからあげる収益が脅かされつつあるのかもしれないというコメントを発表しています。

まさに3Gが採用された1990年代後半のように、現在モバイルデバイスへのビデオ配信システムに対して、多くの投資がなされている。しかし、ここで言う「モバイル」という言葉は必ずしも「携帯電話」を意味するわけではないと、米国調査会社インスタット社は報告している。新しい技術とビジネスモデルによって、モバイルオペレータがビデオコンテンツからあげる収益が脅かされつつあるのかもしれない。

「ユーザは、他のモバイルサービスが提供されれば、携帯電話オペレータのビデオ提供に関心がなくなるかもしれない。インスタット社の調査レポートは、5種類のモバイルビデオ配信について調査している。そのうちの2つは、今までの携帯電話のエコシステム以外によるものであり、もうひとつのout-of-band videoは、技術的な必要性ではなく商業的な利便のためにモバイルオペレータと同盟しているに過ぎないようである。これらの3つはすべて、モバイルオペレータなしでやっていける」と、インスタット社のアナリストDavid Chamberlain氏は言う。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ 放送局が検討していた無料のモバイルビデオ(Free-to-air mobile video)は、携帯電話オペレータが他のビデオサービスと提携すれば、サービスを中断するかもしれない
■ 技術に明るいユーザ(Tech-savvy)は、Orb(オーブ)やSling Mediaなどのネットワーク映像配信ユニットの、タイムシフトサービスやプレースシフトサービスに対する関心が高く、オペレータのwalled gardensサービスを迂回するという脅威がある
■ ビデオサービスは携帯オペレータのwalled gardensサービスによって始まったが、一般ユーザの関心は低かったということが、インスタット社の米国モバイルユーザの調査でわかった

インスタット社の調査レポート「米国のモバイルビデオサービス:定義、企業、技術、ユーザ - Wireless Operators Worldwide May Lose Control of Mobile Video」は、モバイルビデオ市場を調査している。モバイルビデオの各タイプと、独自の標準を売り込もうとしている競争サービスについて概説し、4つの最も一般的なモバイルビデオ配信シナリオに対する米国消費者の態度を注意深く調査している。

[調査レポート]
米国のモバイルビデオサービス:定義、企業、技術、ユーザ
Wireless Operators Worldwide May Lose Control of Mobile Video
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社