お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

KLabが携帯動画の視聴に関するアンケートを実施 ~ 92%が携帯動画を視聴、携帯のみでの視聴がPCのみを上回る ~

KLab株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:真田哲弥、以下、KLab)は、 ケータイコインのユーザーを対象に、携帯電話での動画視聴に関するアンケート調 査を実施いたしました。

3Gや3.5Gなどと呼ばれる高速通信が可能な端末が次々と登場し、携帯電話で
高画質、高音質の動画の視聴ができるようになってきました。今後も長時間の携
帯動画を配信するサイトや、それを楽しむユーザーの増加が考えられます。今回は、
ワンセグ以外の携帯動画の視聴をどのくらいのユーザー利用しているのかを調査
しました。

■調査概要

調査方法:携帯電話を使ったインターネットリサーチ
調査対象:ケータイコインユーザー会員
サンプル:8141ユーザー(au:3755人、DoCoMo:3895人、SoftBank:491人)

■回答者プロフィール

回答者の内訳は、auユーザーが46%、DoCoMoユーザーが48%、SoftBankユーザー
が6%で、女性が56%、男性が44%、年代は30代が37%、20代が35%、40代が
15%と続いています。

■携帯コミックに関する調査

携帯で動画を見たことがあるユーザーは92%
現状の携帯動画は"短時間の暇つぶし"
半数以上が「検索サイト」でアクセス
「動画を見るのは携帯でのみ」が「PCだけ」を大きく上回る

■携帯で動画を見たことがあるユーザーは92%

今までに携帯動画を見たことがあるかを聞いたところ「たまに無料で見る」40%と
「よく無料で見る」33%で、「無料で」が全体の73%を占めました。「たまに有料で見
る/よく有料で見る」と回答したユーザーはわずか1%でした。しかし、一度でも携
帯動画を見たことがあると回答したユーザーは92%であることから、多くの人が携
帯電話を通話やメール通信だけでなくデジタルツールとして活用していることがわ
かります。
いつどんな時に誰と携帯動画を見るのかを伺ったところ「1人で学校や会社が終わっ
たときのリラックスしているときに見る」38%、「1人で夜寝る前に見る」27%、「1人で
昼休みや長い休憩時間に見る」23%で、ちょっとした余暇に1人で見ていることがわ
かります。テレビやPCが無い状況下で見ることができる便利さや、手元だけの操作
で視聴可能な手軽さ、PCなどの動画を見るメディアが自室に無いことなどが理由と
して考えられます。

携帯動画のイメージについては「画面が小さく見づらい」71%、「画質・音が悪い」
51%、「配信コンテンツの長さが短い」48%と「今の携帯動画で満足している」と回答
したのはわずか6%でした。「携帯動画は1人で」というユーザーが多いことから、携帯
動画は複数で楽しむものではないことがうかがえます。「一度サイトに接続するのが
面倒だ」27%は一度アプリを立ち上げて、そこからサイトにアクセスするアクションが
面倒と感じており、テレビと同じようにアプリを起動したらすぐに番組を選べて動画を
見ることができる機能をアプリに求めているようです。

携帯動画の視聴を今より一般化するには、これら問題点の解消が必要となるようです。


■現状の携帯動画は"短時間の暇つぶし"

携帯動画の利便性について伺ったところ「暇な時に時間つぶしができる」が62%でし
た。「携帯動画を見る状況」の回答と照らし合わせると「一人で暇な時、すぐ見られる」
ことが携帯動画の大きな利便性と言えます。

「動画を見た後そのサイトへ行くことができる」と回答したユーザーは2%でした。iモー
ションの動画再生にはないこの機能は、動画の再生中に表示されるサイトや再生後に
表示されるサイトへそのままアクセスできる機能を便利と感じており、アプリを利用して
動画を視聴していると思われます。

「どれくらい携帯動画を見ることができますか?」との質問では「5分以下~5分位」が
半数以上の54%のユーザーが回答しています。一方、「お金を払って購入したものな
ら長いほうがよい」6%、「2時間位」3%をはじめ、10分以上見ることができると回答し
たユーザーも半数に上るため、長時間の動画配信や対応機種、携帯動画サイトやコン
テンツの増加で、今後さらに「携帯で長時間の動画を見る」ことが一般化されると考
えられます。

よく見る携帯動画のジャンルでは男女共に多くのユーザーが「音楽」と回答しました。
これは、現在の携帯動画サイトの多くが音楽動画を占めていることや、「携帯動画
=音楽ムービー」という認識があるからかもしれません。その理由として、配信して
いるほとんどのコンテンツがアーティストのプロモーションビデオなどの5分前後の作
品で、前出の「5分以下~5分位」の回答が多かったことが裏づけられます。

男性の回答で2番目に多かったのは「アダルト」39%でした。公式サイトでのアダル
トコンテンツは禁止されているため、一般サイトを利用していることがわかります。
その他のジャンルが比較的低い割合となったのは、携帯動画サイト自体がまだまだ
少ないことが理由にあげられます。

■半数以上が「検索サイト」でアクセス

携帯動画サイトへのアクセス方法を複数回答で聞いたところ、「キャリアのサイト」
34%を大きく上回る、「携帯電話の検索サイト」65%が一番多い結果となりました。
携帯動画を見る際に「動画+キーワード」で検索するユーザーが多いことが考えら
れます。

KLabが前回実施した「携帯コミックに関するアンケート」(2007年8月22日)でアクセ
ス方法を聞いたところ、一番多い回答は「バナーやメルマガの広告から」でした。
しかし、携帯動画サイトへのアクセス方法では「広告メール」19%、「バナー広告」
13%で、携帯動画サイトの数と広告の出稿が少ないことも理由として考えられます。

同じく、KLabの過去の調査「携帯サイトのアクセス方法」(2007年6月20日)では、
目的とする携帯サイトへの最初のアクセス方法として一番多い回答は「携帯電話の
検索サイト」だったことも考えると、今後ますますモバイルSEO(検索エンジン最適
化)が重要視されていくことが予想されます。


■「動画を見るのは携帯でだけ」が「PCだけ」を大きく上回る

代表的な携帯動画サイトを挙げて、よく見る携帯動画サイトを伺ったところ「モバイル
GyaO(一般サイト)」35%、「その他」27%、「ニコニコ動画モバイル(一般サイト)」10%
とそのあとも公式サイト、一般サイト共に無料配信のサイトがほとんどを占めています。

上記の質問に「その他」27%と回答した方々によく見るサイトを記入していただきまし
たが「特に決まっていない」や「不明」との回答が多く、あちこちのサイトや、ネットサ
ーフィンしてたまたま見つけたサイト見ているようです。PCで人気の無料動画サイト
「ニコニコ動画」や「YouTube」の携帯版と回答したユーザーは少なく、まだPCほど
浸透していないようです。

PC動画を普段見ているユーザーのうち携帯動画を視聴している人はどのくらいいる
のかを集計してみました。「PC動画も携帯動画も見ている」66%、「PC動画は見ない
が携帯動画は見る」21%、「PC動画は見るけど携帯動画も見ない」8%、「PC動画も
携帯動画も見ない」5%となりました。この結果、PCだけで動画を視聴しているユーザ
ーは8%と少なく、携帯だけで動画を見ているユーザーが多いことがわかります。

「携帯動画を見る」87%のユーザーのうち「PC動画は見ない」21%と回答したユーザ
ーの多くは、PCを持っていない若い年齢層と考えられます。

PCを持っていない、またはPCを見ることができない状況でも買い物ができるモバイル
ショッピングは若年層や女性を中心に利用者も増えています。では、モバイルショッピ
ングサイトに商品の動画は必要かどうかをユーザーに聞いて見ました。「興味があれ
ば写真だけでも買う」28%、「商品の写真だけで十分」20%と、写真だけで商品購入
を決定するユーザーは48%でしたが、「動画があったほうがいい、動画を見たい」とモ
バイルショッピングにも動画が必要と感じているユーザーは52%と上回りました。
商品情報の詳細が携帯動画で掲載されることが今後のモバイルショッピングの需要
拡大に影響しそうです。

---------------------------------------------------------------------
■KLab(クラブ)株式会社について
- 社名:KLab株式会社(英文名:KLab Inc.)
- 代表者:代表取締役社長 真田哲弥
- 設立:2000年8月1日
- 資本金:5億8325万円
- 本社所在地:〒106-6122 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
- 事業内容
 携帯電話向けソリューション事業/コンサルティング事業/プロダクト事業/技術ライセンス事業/
 コンテンツ企画開発事業/メディア事業/EC事業/セキュリティ事業/電子金券開発事業/ 

- ホームページ リンク
-----------------------------------------------------------------------
※記載された社名および製品名/サービス名は各社の商標または登録商標です。

用語解説

■ケータイコインとは

「ケータイコイン」のQRコードメール広告をクリックしたり、サイト内でユーザーが広告に
対してアクションをすることにより、コイン(ポイント)が貯まるサービスです。ユーザーは、
貯めたポイント「コイン」をイーバンク銀行の口座や電子マネー「Edy」でリアルタイムに
換金したり、コンテンツに交換したりすることができます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社