お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

【グルーヴプロモーション(旧 ナノプロ)MRR事業部】「市場別の移動体通信市場の予測 中国携帯電話市場の予測 」販売を開始

~2006年全期の分析及び2006年~2010年の市場予測~

IT、情報通信市場の調査レポート販売サイトMRR (運営会社:グルーヴ
プロモーション 【旧 株式会社ナノプロ】 代表取締役 森田裕行)は、
株式会社ROA Groupが提供する「市場別の移動体通信市場の予測 中国携帯
電話市場の予測」の販売を開始しました。

報道関係各位

2007年9月4日
グルーヴプロモーション株式会社(旧株式会社ナノプロ)
MRR事業部
リンク

――――――――――――――――――――――――――――――――――
グルーブプロモーション(旧ナノプロ)MRR事業部、

「市場別の移動体通信市場の予測 中国携帯電話市場の予測 」販売を開始

~2006年全期の分析及び2006年~2010年の市場予測~

詳細はこちら⇒ リンク

――――――――――――――――――――――――――――――――――

■■概要■■
IT、情報通信市場の調査レポート販売サイトMRR (運営会社:グルーヴ
プロモーション 【旧 株式会社ナノプロ】 代表取締役 森田裕行)は、
株式会社ROA Groupが提供する「市場別の移動体通信市場の予測 中国携帯
電話市場の予測」の販売を開始しました。


詳細はこちら⇒ リンク


■■資料概要■■

本レポートはROA Groupが毎年発行する定期レポートで、アジア地域の中で
もコア戦略国家である中国の移動体通信市場予測を行なったものです。特に
主要なキープレイヤーの戦略や事業展開に対する分析及び今後の展望を中心
に作成されたレポートとなります。


■レポートサマリー

ROA Groupの分析によれば、中国の移動体通信加入者数は2006年12月時点で
4億4,357万人に拡大しました。現在中国の移動体通信市場は急速に発展を遂
げており、新たな需要を引き出すために、キャリア間のサービス競争が熾烈
になっています。2006年以降は新規加入者を取り込みながら約9.07%の年平
均成長率を維持する見込みで、2010年の加入者数は7億1,160万人に達すると
予測されます。これは2010年に予想される中国全体の人口普及率の52.51%
に該当する数値です。

一方、チャイナモバイルとチャイナユニコムの市場シェアは、今後もそれぞ
れ63%、33%の水準を維持していくものとみられます。一方、2006年のプリ
ペイド加入者数は2億9,055万人と予測されます。各キャリアは、ポストペイ
ドと同様にプリペイド加入者へもさまざまなサービスを提供しており、今後
プリペイド加入者も引き続き増加する見通しです。その結果、2010年には4億
7,000万人を突破するものと予想されます。

2006年のGSM加入者数は4億707万人に達するとみられますが、2008年の約4億
8,000万人をピークに、2009年以降は3Gへの移行が早まることで、次第に減少
に転じていくと予想されます。一方、2006年のCDMA加入者数は3,649万人で、
2010年には4,012万人へ増加すると推測されます。

3Gの場合、ライセンスの申請から発行に至る手続き時期を中国政府が先送り
している状況が挙げられます。2006年中旬にTD-SCDMAの実証実験が始まり、
合わせてキャリアが再度3Gに対する計画を樹立し、ネットワーク敷設の推進
準備を進める状況から、3Gライセンスの具体的な発行時期は中国の通信市場
の構造改革の有無とは別に、2007年末になるものと予想されます。3Gサービ
スの場合、その加入者数は導入元年である2008年に3,379万人、そして2010年
には約2億3,000万人に急拡大すると推定されます。

キャリア間の加入者囲い込みや新規加入者獲得のための熾烈な戦いにより、
2006年通年の解約率は2.57%となりました。今後、新規サービスの開始やネ
ットワークの拡張、また特に3G技術の台頭といった不確定要素が影響し、移
動体通信市場の解約率はさらに多少の変動幅がみられる予想されます。

2006年の平均ARPUは76.9RMB であり、そのうちチャイナモバイルは88RMB、
チャイナユニコムは53.5RMBと2005年比で多少増加した。各キャリアの努力に
より通話量自体は大幅増とりましたが、加入者数の増加に比べて成長幅が小
幅上方にとどまったため、ARPUは期待していたほど伸びませんでした。今後、
キャリアはARPUを増やすためのデータサービス強化やさまざまな料金プラン
等、新たな動きをさらに活発化させていくとみられ、2010年の中国移動体通
信市場の平均ARPUは83.2RMBに達するとみられます。データ加入者数の場合、
年平均12.69%の成長率で増加し、2010年には全体加入者数の約83.4%がデー
タサービスを利用するようになると推定されます。
(2006年末基準では約73.6%がデータサービスを利用)

2006年における中国の移動体通信市場の合計売上高は、3,758億RMBと予想さ
れます。それ以降は年平均7.87%の成長率で増加し、2010年には5,490億RMB
の巨大市場を形成するものとみられます。

2006年における中国移動体通信市場の設備投資額(CAPEX)は1,085.50億RMB
であり、2010年には1,274.53億RMBと推定される。

[図] 中国の移動体通信加入者数の成長規模(2005-2010:分析値と予測値)


■本レポートの理解を深めるための特長を紹介

本レポートはROA Groupが毎年発行する定期レポートで、アジア地域の中で
もコア戦略国家である日本、中国、韓国の移動体通信市場予測を行なったも
のです。特に主要なキープレイヤーの戦略や事業展開に対する分析及び今後
の展望を中心に作成されたレポートです。


以下は発行周期によるマーケットデータとマーケットダイナミクスの詳細と
なります。

(1) マーケットデータ(2001~2010)

 人口動勢(2001~2010)
  -人口
  -名目GDP
  -名目1人あたりのGDP
  -消費者物価指数
  -為替レート

 移動体通信キャリア別の加入者数(2001~2010)
  -チャイナモバイル
  -チャイナユニコム
  -合計

 携帯電話加入者のパッケージプラン形態(2001~2010)
  -プリペイド
  -ポストペイド

 携帯電話の普及率 (2001~2010)

 世代別・ネットワーク別の携帯電話加入者数 (2001~2010)
  -GSM
  -CDMA
  -3G

 解約率 (2001~2010)

 ARPU (2001~2010)
  -合計ARPU
  -合計収入(売上)

 音声及びデータ通信別の分析 (2001~2010)
  -音声通信加入者数
  -データ通信加入者数

 設備投資(CAPEX) (2001~2010)
  -合計設備投資
  -チャイナモバイル
  -チャイナユニコム


■■資料目次■■

目次

エグゼクティブサマリー

1 概略
 1-1 ネットワーク
 1-2 プラットフォーム
 1-3 コンテンツ
 1-4 デバイス
 1-5 海外戦略とアライアンス

2 中国の移動体通信市場の予測
 2-1 2006年のオーバービュー
 2-2 2006年から2010年までの市場予測
  2-2-1 中国の携帯電話加入者数
  2-2-2 中国のプリペイド携帯電話加入者数
  2-2-3 中国のネットワーク別携帯電話加入者数
  2-2-4 中国の携帯電話解約率
  2-2-5 中国の携帯電話市場のARPU及びデータ通信加入者数
  2-2-6 中国の携帯電話市場のデータ加入者数
  2-2-7 中国の携帯電話市場の設備投資額

3 マーケットダイナミクス
 3-1 2006年のレビューと今後の予測
  3-1-1 チャイナモバイルのレビュー
     1)ネットワーク
     2)プラットフォーム
     3)コンテンツ
     4)デバイス
     5)戦略的提携及び海外市場への展開
  3-1-2 チャイナユニコムのレビュー
     1)ネットワーク
     2)プラットフォーム
     3)コンテンツ
     4)デバイス
     5)戦略的提携及び海外市場への展開

4 結論

Appendix

1.会社概要(チャイナモバイルとチャイナユニコム)
2.各キャリアのマーケットシェア
3.主要ファクタ創出のための方法論及び仮定


■■表目次■■
[表3-1]2006年チャイナモバイルのマーケットダイナミクス
[表4-1]2006年マーケットダイナミクスの概要
[表4-2]チャイナモバイルとチャイナユニコムの競争力レベルの比較


■■図目次■■

[図2-1]2006年度の中国移動体通信市場の規模
[図2-2]中国の携帯電話加入者数の予測(2005年~2010年)
[図2-3]中国のプリペイド携帯電話加入者数の予測(2005年~2010年)
[図2-4]中国のネットワーク別携帯電話加入者数の予測(2005年~2010年)
[図2-5]中国の携帯電話解約率の予測(2005年~2010年)
[図2-6]中国の携帯電話市場のARPUの予測(2005年~2010年)
[図2-7]中国の携帯電話市場のデータ加入者数の予測(2005年~2010年)
[図2-8]中国の携帯電話市場の設備投資額予測(2005年~2010年)
[図3-1]Eメール対応端末機器とBlackBerry端末
[図3-2]「CoolPAD728G2」の主な仕様
[図3-3]2006年チャイナユニコムのマーケットダイナミクス
[図3-4]サムスン製「W579」及びYuLong製「CoolPAD 728B」端末イメージ
[図4-1]チャイナモバイル及びチャイナユニコムの優勢領域の比率分析


■■資料の仕様■■
商 品 名:「市場別の移動体通信市場の予測 中国携帯電話市場の
       予測 」
発 刊 日:2007年 08月
判   型:ワードA4カラー印刷 70ページ
発   行:ROA Group
販   売:グルーヴプロモーション株式会社(旧 株式会社ナノプロ)
頒   価:【PDF+エクセル】220,500円(税込)
      【PDF+印刷版+エクセル】223,650円(税込)
      【印刷版】189,000円(税込)


■■お申し込み方法■■

下記URLよりお申込みください。
リンク


■その他、現在、ご提供中の調査資料

【デジタルサイネージ最新動向と広告効果】

デジタルサイネージとは、一般家庭以外の場所にある電子看板/電子ポスターで
その主要視聴は20代以下の女性。また影響度は広告媒体の中で最高の伸び率と
して、既存メディアを補完するメディアとなりうる可能性が高いと推察されます。
リンク


【中国ハイアールとレノボのグローバル戦略分析】

中国を代表する企業として急成長を遂げるハイアールとレノボ。その強さは
どこから来るのか。日本企業との差異は何なのか、その秘密を探ります。
リンク


■モバイル・マーケティング・マガジン創刊

モバイル・マーケティング最前線のリサーチャー、コンサルタントが参加。
独自調査に基づく分析、最新情報を毎週無料配信!

お申込みはコチラから
リンク


■ネットPR担当者必見 B to B見込み客リスト450社を3ヶ月で獲得する!
 『ネットプロモーション実践セミナー開催』
  リンク


■■グルーヴプロモーション株式会社について■■
設立:2006年1月
会社名:グルーヴプロモーション株式会社(旧 株式会社ナノプロ)
所在地:
本社/東京都渋谷区恵比寿4-20-3恵比寿ガーデンプレイス18階
神南オフィス/東京都渋谷区神南1-13-8パーク・アヴェニュー神南404
事業内容:
(1)ネットプロモーション事業
インターネットならびにモバイル向けの成果報酬型プロモーション事業
(2)デジタル・プラットフォーム事業
デジタル配信できるあらゆるコンテンツをカバーするプラットフォーム事業
(3) メディア&コンテンツ事業
システム・プラットフォームの開発ならびに提供
関連コンテンツの制作・販売

代表取締役:森田裕行
URL: リンク


■■本件に関するお問い合わせ先■■
〒150-0041
東京都渋谷区神南1-13-8パーク・アヴェニュー神南404
グルーヴプロモーション株式会社(旧 株式会社ナノプロ)
TEL:03-6379-9771 / E-Mail: info-mrr@nanopro.jp
担当:MRR事業部

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社