お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ホームネットワークの大きな成長が促進するCPE需要

家庭のブロードバンド加入者数が増加し、帯域巾に対するニーズが高まり、ネットワーク機器の価格が下落したために、世界のホームネットワークの導入数は、2007年に35%以上成長すると米国の調査会社インスタット社は予測している。

家庭のブロードバンド加入者数が増加し、帯域巾に対するニーズが高まり、ネットワーク機器の価格が下落したために、世界のホームネットワークの導入数は、2007年に35%以上成長すると米国の調査会社インスタット社は予測している。アジアは、この成長における立役者である。ホームネットワークの成長は、今後数年間はいくらかゆるやかなものの、底堅い成長を続け、ホームネットワーク機器の見通しは明るいと同社は述べている。

「今後数年で、世界のブロードバンド加入者が5億を超えると予測され、機器の買い替えやアップグレードによる非常に大きなビジネスチャンスが見込まれる。ギガビットイーサネット、802.11n、VoIP、TR-69のすべてが、このユーザ端末(CPE)の買換え需要の対象となる」とインスタット社のアナリストJoyce Putscher氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ 世界のCPE出荷数は、2006年に20%増加して、1億2700万となった
■ 2011年までに、ゲートウェイが世界の収入の半分以上を占めるだろう
■ 2011年になっても、無線部門ではルータがDSLゲートウェイより高い比率を占めると予測している。アジア太平洋地域のルータのシェアは、2011年まで増加し続けるだろう。中国のホームネットワーク数が増加したため、ルータ市場は成長し続けている
■ 世界の家庭向けLAN PHYインタフェースの出荷数は、2010年に5億を超えるだろう

インスタット社の調査レポート「世界のホームネットワーキングとブロードバンドCPE市場:ブロードバンドモデム、ルータ、レジデンシャルゲートウェイの出荷台数と収益予測 - Global Home Networking & Broadband CPE Outlooks」は、ホームネットワーキングの世界と地域ごとの機器出荷数、ネットワーク、ユーザ調査データ、詳細な予測を提供している。ブロードバンドモデム、ルータ、レジデンシャルゲートウエイ(DSL、ケーブル、FTTH、固定無線ブロードバンド、固定衛星ブロードバンド)の世界の主要なCPE市場を、地域毎に分析している。ホームネットワーク対応デバイスの出荷と収益の世界市場を予測し、総NICs/LOM、アグリゲータ、メディアネットワークデバイスに分類している。地域毎、技術毎のホームネットワークの導入予測も行っている。

[調査レポート]
世界のホームネットワーキングとブロードバンドCPE市場:ブロードバンドモデム、ルータ、レジデンシャルゲートウェイの出荷台数と収益予測
Global Home Networking & Broadband CPE Outlooks
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社