お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

中国のマルチメディア携帯電話市場は2006年に大躍進

中国のマルチメディア携帯電話市場は、2006年に新製品が次々と登場し、出荷総数が増加して急成長したが、米国の調査会社インスタット社によれば、その最大の市場けん引要因は音楽再生機能だったという。

中国のマルチメディア携帯電話市場は、2006年に新製品が次々と登場し、出荷総数が増加して急成長したと、米国調査会社インスタット社は報告する。昨年の中国のマルチメディア携帯電話市場の最大の牽引要因は、音楽再生機能だった。

「インスタット社の最新の調査によれば、中国の携帯電話ユーザは、まだカメラ機能を所有しておらず、今後、大きな成長の余地があると考えられる。今後のマルチメディア携帯電話の成長は、コンテンツの利用機能、半導体ソリューションのますますの改良、無線データレートの向上、携帯電話とweb 2.0の結合などにかかっている」とインスタット社のアナリストRaymond Yan氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ 中国のマルチメディア携帯電話の出荷数は、2011年に1億6500万に達し、普及率は81%になるだろう
■ 中国のマルチメディア携帯電話市場において、次に競争力がある機能は高画素カメラ機能だろう
■ 携帯電話メーカーは、携帯電話を個人的な通信とエンターテインメントセンターに変えることを目指している
■ 中国のモバイルユーザは、MP3プレーヤー機能搭載の携帯電話を買っている
■ 中国の音楽機能とカメラ付き携帯電話の所有者の約70%は、よりハイエンドな機器に強い関心を示している
■ 中国のモバイルユーザは、ビデオ再生や、テレビ放送を受信できる携帯電話に強い関心を示している

インスタット社の調査レポート「中国のマルチメディア携帯電話:市場、ベンダ、機能の開発トレンド、半導体 - Multimedia Phones in China: What is the Next Selling Point?」は、中国のマルチメディア携帯電話市場を調査した。中国のマルチメディア携帯電話のエアリンク毎の出荷数を2011年まで予測し、2006-2007年のBOM(Bill of Materials)、今後の機能の開発傾向、半導体ソリューションのトレンド、市場促進要因と課題を記載している。


[調査レポート]
中国のマルチメディア携帯電話:市場、ベンダ、機能の開発トレンド、半導体
Multimedia Phones in China: What is the Next Selling Point?
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社