お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ライブドアのリサーチ事業[BizMarketing サーベイ]、新刊『端末メーカ各社の海外動向-2006年度通期-』を販売開始

~海外でも好調のシャープ。2006年度は前年同期比11.0%増となる415万台を販売!~

株式会社ライブドア(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:出澤 剛)は、企業向けマーケティングリサーチサービスを提供している【BizMarketing サーベイ】のレポート販売サイト[SurveyReport]において、モバイル・マーケティング・レポートの企画・制作を行うエムレポート(代表 大門 太郎)がまとめた新刊レポート『端末メーカ各社の海外動向-2006年度通期-』の販売を開始しました。

 
□『端末メーカ各社の海外動向-2006年度通期-』 [SurveyReport]
リンク

□BizMarketing サーベイ [SurveyReport]
リンク

■新刊 『端末メーカ各社の海外動向-2006年度通期-』 要約

◆中国3G端末では撤退続くもシャープが再参入の見込み

NECによる2006年11月下旬の中国市場撤退の発表に伴い、すでにシャープや東芝、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、三菱電機の撤退も含め、現時点で世界最大の市場である中国で活躍する日本メーカは存在しない。中国市場は携帯電話ユーザ数4億以上、年間販売台数7,000万~8,000万台とされる。巨大であるが故に競合メーカ数も多く、日本メーカは太刀打ちできなかったのが現状だ。

◆欧米市場では健闘をみせる日本メーカ

中国市場では惨憺たる結果の日本メーカでも欧米市場では健闘をみせている。Vodafone Groupへ携帯電話端末を供給しているシャープは、2006年度に前年同期比11.0%増となる415万台を出荷した。東芝も2007年春以降に、欧州市場でWindows Mobile搭載端末「PORTEGE(ポーテジェ) G900」「PORTEGE G500」の販売を開始する計画だ。

一方、米国市場でも三洋電機や京セラ、カシオ計算機が健闘している。三洋電機は海外向け出荷台数を非公表であるも、2006年度通期における電話機事業の海外向け売上高が前年同期比4.9%減となる1,652億円にとどめた。下期に同12.4%増の890億円を記録した点が大きい。また、京セラも不採算であった米Kyocera Wireless Corporationの業績に歯止めがかかった。さらにカシオ計算機は米Verizon Wirelessへ“タフネス・ケータイ”の後継端末供給に成功した。

■キーワード

◆3G/3.5G端末で再起を図る中国市場!!
すでに多くの日本メーカが中国市場から撤退したが、シャープは2007年中に3G端末で、NECも3.5G端末で再参入を図る。

◆Vodafone Groupへ安定供給のシャープ!!
シャープはVodafone Groupへ携帯電話端末を供給しており、2006年度に前年同期比11.0%増となる415万台を販売した。一方、東芝も2007年春以降に欧州市場でWindows Mobile搭載端末の販売を開始する計画だ。

◆日本の中堅メーカが活躍する米国市場!!
米国市場は三洋電機や京セラ、カシオ計算機が健闘しており、京セラは不採算の米Kyocera Wireless Corporationの業績改善を実現し、カシオ計算機も米Verizon Wirelessへの“タフネス・ケータイ”の後継端末供給に成功した。

■シャープとNECにおける海外出荷台数の推移

◆国内ともにシャープは海外でも好調
日本メーカの海外事業が不調な中、ますます携帯電話端末メーカ各社からの販売や出荷台数は減少している。辛うじて出荷及び販売台数を公表しているのはシャープと日本電気(NEC)にとどまり、シャープは2006年度通期に前年同期比11.0%増となる415万台、NECが同80.6%減の70万台だ。

■商品概要

商 品 名:「端末メーカ各社の海外動向-2006年度通期-」
発   刊:2007年7月
発   行:エムレポート
調   査:エムレポート
販   売:株式会社ライブドア
判   型:A4版21ページ 〔PDF資料〕
価   格:15,750円(税抜15,000円+消費税750円)

■参考URL

BizMarketing サーベイ
リンク

■報道関係の方のお問合せ先

株式会社ライブドア 広報・宣伝グループ
電話:03-5155-0100
E-mail:press@livedoor.jp
URL:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社