お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ソフィア・クレイドル、BREW SDK 切り替えツールを BREW 4.0 に対応

~ 1 クリックで様々な種類の BREW 開発環境を切り替えるツールを BREW 最新版にも対応 ~

携帯電話向けソフト開発の株式会社ソフィア・クレイドルは、多言語、複数バージョンの BREW に対応した BREW SDK 切り替えツール( BREW SDK Switcher ) を 3.0 にバージョンアップしました。本バージョンでは、BREW 4.0 ( 日本語版と英語版 ) に対応しています。2007 年 6 月 28 日より SophiaFramework または SophiaCompress(BREW) ユーザーに本ツールを無償提供します。

[概要]
携帯電話向けソフト開発の株式会社ソフィア・クレイドル(本社:京都市、代表取締役社長:杉山和徳、以下 ソフィア・クレイドル)は、多言語、複数バージョンの BREW に対応した BREW SDK 切り替えツール( BREW SDK Switcher ) を 3.0 にバージョンアップしました。本バージョンでは、BREW 4.0 ( 日本語版と英語版 ) に対応しています。2007 年 6 月 28 日より SophiaFramework または SophiaCompress(BREW) ユーザーに本ツールを無償提供します。

[詳細]
2007 年 6 月 21 日付けで米国 QUALCOMM 社から「 BREW Client 4 シリーズ ( BREW 4.0 )」として発表された BREW【※1】対応の携帯電話は世界マーケットで急速に普及しています。

そのため、BREW アプリを開発するための BREW SDK【※2】 は多言語化し、最新版の「 BREW Client 4 シリーズ」に至るまで様々な種類が存在します。

BREW SDK Switcher は、1 台のパソコン上で様々な種類の BREW SDK を、「 1 クリックの操作」だけで切り替えることのできるツールです。日本語、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語など海外の BREW SDK にも対応しています。

バージョンアップした最新版の BREW SDK Switcher 3.0 では、「 BREW Client 4 シリーズ ( BREW 4.0 )」にも対応するようにしました。
なお、本ツールは 2007 年 6 月 28 日から SophiaFramework【※3】 および SophiaCompress(BREW) 【※4】ユーザーに無償提供されます。

BREW SDK Switcher URL : リンク

本プレスリリース URL :
リンク

□株式会社 ソフィア・クレイドルについて

代表者: 代表取締役社長 杉山和徳
設立日: 2002 年 2 月 22 日
所在地: 京都市左京区田中関田町 2 番地 7
資本金: 2645 万円
事業内容: モバイルインターネットに関する:
 1.ソフトウェア基礎技術の研究開発
 2.ソフトウェア製品の製造及び販売
 3.システム企画及びインテグレーション
ホームページ: リンク

□お問合せ先
マーケティング部:高橋 結莉 (たかはし ゆり)

このプレスリリースの付帯情報

BREW SDK Switcher 3.0 の動作画面

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

【※1】BREW
2001 年 1 月に米国クアルコム社が発表した携帯電話向けソフトウェアの規格。「ブリュー」もしくは「ブルー」と読む。異なる携帯電話機の OS の仕様差を吸収し、単一のコンパイル後のプログラムをインターネットからダウンロードし、さまざまな携帯電話機でそのまま高速に動作できるように設計されている。日本では KDDI が 2003 年 2 月より BREW サービスを提供開始した。世界的な規模で普及が進んでいる。

【※2】BREW SDK
Qualcomm 社が提供する、Windows 上で動く BREW 開発キット。BREW プログラミングを行う際にはこの BREW SDK のインストールが必須となる。2007 年 6 月現在の最新版は、BREW 4.0 である。

【※3】 SophiaFramework
読み方:ソフィア・フレームワーク
ソフィア・クレイドルが 2002 年 8 月に発表した、 BREW アプリを C++ プログラミングで開発することを世界で初めて実現した唯一の BREW 向け C++ オブジェクト指向開発環境。ユーザーインターフェース、WSDL / SOAP / XML、SMTP / POP3、ネットワーク通信、グラフィック描画、文字列処理など、ビジネス、コンテンツ、ゲームなどジャンルを問わず、あらゆる BREW アプリを開発するのに必要十分な "クラス" と呼ばれるプログラムモジュール群がラインナップされている。すでに KDDI 公式 EZ アプリ (BREW) や ビジネス系 BREW アプリで多数の導入実績がある。

詳細情報 URL : リンク

【※4】SophiaCompress(BREW)
読み方:ソフィア・コンプレス・ブリュー
ソフィア・クレイドルが 2003 年 11 月に発表した BREW プログラム圧縮技術。コンパイル後のBREW プログラムをそのままプログラム圧縮し、実行できる BREW プログラム圧縮ツール。既に大手コンテンツプロバイダや大手ゲームメーカーなどに多数の導入実績があり、本技術を応用した KDDI の公式EZアプリ(BREW) のサービスが開始されている。

詳細情報 URL:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社