お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ウルシステムズとNECが流通業の次世代XML-EDI(流通BMS)分野で協業

~ウルシステムズの「UMLaut/J-XML」、NECの「NX7700iシリーズ」上での動作検証を完了~

ウルシステムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:漆原 茂、以下 ウルシステムズ)はこのたび、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:矢野 薫、以下 NEC)と流通業の次世代XML-EDI(「流通BMS」(注1))分野で協業することを発表いたします。

日本の流通業界では、消費者の嗜好の変化や安全・安心に対する高い関心などの多様なニーズへの対応や、国際的な競争力のある企業への変革が求められています。その実現に向けて、旧来のJCA手順に代わり、インターネットを活用して高速かつ安価な企業間取引を実現する「流通BMS」が2007年4月に策定されました。現在、流通業各社にて導入への取組みが本格化しています。「流通BMS」のメリットを最大限に享受したシステムを構築するためには、単なるEDI(電子データ交換)だけでは不十分です。取引に関わる全ての業務に対応し、かつ高信頼でコストパフォーマンスに優れたソリューションを導入する必要があります。

そこで、業界に先駆けて「流通BMS」対応製品の販売を開始したウルシステムズは、お客様に最適なプラットフォームソリューションを提供するためNECとの協業を開始しました。協業の一環として、NECの主力製品である「NX7700iシリーズ」上における「UMLaut/J-XMLTM」(注2)の動作検証を完了しました。今回の協業により、業務を止めずにシステムを拡張することができるだけでなく、初期投資を抑えながら信頼性の高い「流通BMS」導入が実現できます。今後両社は共同で、流通BMS市場における新規顧客獲得を目的としたマーケティングや営業活動を実施し、お客様へ最適なソリューションを展開していきます。

今回の協業強化に際して、NEC ITプラットフォーム販売推進本部 本部長 川田哲男 氏は次のように述べています。
「NECは、ウルシステムズ株式会社の「UMLaut/J-XMLTM」のItaniumR2 HP-UX環境下での支援体制強化を歓迎します。当社はデュアルコア インテルRItaniumR2プロセッサを搭載した「NEC統合エンタープライズサーバ NX7700iシリーズ」による数多くの基幹システム構築実績とノウハウを蓄積しており、IPFサーバ(注3)国内シェアNo.1を獲得しております(注4)。今回動作検証を完了したHP-UXとNX7700iシリーズの高い性能と優れた拡張性、信頼性で、柔軟・安心・快適なシステムを実現し、お客様のビジネス拡大を支援して参ります。」

用語解説

(注1)流通BMS
「流通ビジネスメッセージ標準」の略称。2007年4月3日にver1.0が公表された。大手総合小売業や食品スーパーで構成する「次世代EDIワーキンググループ」が策定したEDIの規格。受発注業務のプロセスや、交換するデータ項目などが規定されている。通信回線にはインターネット、データ項目の表現形式にはXMLを利用することが前提である。

(注2)UMLaut®(ウムラウト)/J-XMLTM
ウルシステムズが開発した、流通業向けの次世代電子商取引を実現するソフトウェア。従来のJCA手順に代わり、インターネットを活用して高速かつ安価な企業間取引を実現する次世代の受発注ビジネスソリューションで、「流通ビジネスメッセージ標準(流通BMS)」に対応している。企業間取引に関する全業務パターンに対応できるのが最大の特徴。

(注3)IPFサーバ
インテル社の64bit CPUであるItaniumRプロセッサ・ファミリ(Itanium Processor Family=IPF)を搭載するサーバ製品のこと。

(注4)IDC Japan  Japan Server Quarterly Model Analysis, Q4 3/2007

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社