お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

新たな経営可視化を実現する原価ソリューションを提供開始

~経営者の意思決定を支援する『WebSERVE smartリアルタイム統合原価ソリューション』~

当社(以下Fsol、本社:東京都文京区本駒込)は、新たに経営可視化を支援する原価管理パッケージ『WebSERVE smart リアルタイム統合原価ソリューション』を提供します。2006年9月の第一フェーズリリースに続き、今回新たにダッシュボード機能を統合し、2006年12月20日より提供を開始いたします。本ソリューションは、従来の伝統的管理会計では入手できなかった経営者の意思決定を支援する経営情報や原価情報を、リアルタイムに可視化します。全ての業種の経営者、部門長を主たる対象として、経営の見える化、および現場の業務活動の見える化を実現し、キャッシュフローを短期間に最大化する経営を支援します。

現在、企業では、めまぐるしく変化する市場のニーズに敏感に対応することが求められています。こうした状況の下、経営者が示す方向性を見据えた上で、日常的に生じるさまざまな問題を自律的に解決して成果を出せるのが競争力のある企業と言えます。ところが、組織が自律的になるほど、経営者からは会社内部で起きている事柄が「見えなく」なり、また逆に、現場にとっても自分たちの行動が組織全体にどのように影響を及ぼすのかも「見えなく」なります。


そこで、Fsolは従来型管理会計では実現できなかった経営者の悩みを解決する『WebSERVE smart リアルタイム統合原価管理ソリューション』を提供します。当ソリューションは、加工/組立製造業向けを皮切りに装置業、ホテル業、医療(ヘルスケア)などあらゆる細業種に導入していく予定です。そして、統合ERP、CRMなどの業務ソリューションを組み合わせて導入することで、お客様のリアルタイムマネジメント(注1)経営の実現を強力に支援します。


本ソリューションは、リーガルマインド大学大学院教授の林總公認会計士監修の下で、先進の会計理論(注2)とBIツールの活用により、経営者が適切な経営判断を行う上で必要となる経営情報の可視化を行うソリューションです。これにより、会社全体と現場活動を会計情報で連携し、さまざまな視点から原価情報を分析、現場の業務活動まで遡って確認できるとともに、異常値やムダな活動への速やかな対応を行えるなど、経営のPDCAサイクルを推進します。


本ソリューションは製品別、工程別原価計算から活動基準原価計算まで管理レベルに合わせたステップ導入を可能にした管理レベル成長型の原価システムです。


原価計算方式には、総合原価/個別原価を実際、実績、 標準と多種にわたる原価計算方式を採用し、日次/月次のタイミングで原価情報を提供します。製品構成はデータ収集、原価計算エンジン、アウトプットと3つのコンポーネントで構成され、原価情報をより効果的に活用することが可能です。さらに、アウトプットではダッシュボードと分析シートでドリルダウン、異常値表示などの分析機能を提供しています。また、富士通グループ商品である生産管理(PRONES)、会計(GLOVIA-C)とシームレスに連携し、導入することが可能です。


『WebSERVE smartリアルタイム統合原価ソリューション』の特色
(1)経営可視化が可能なダッシュボード機能
経営者向けダッシュボード機能を提供します。これにより、経営に必要な会社の中身を可視化し、現場の業務活動(段取、手直し、会議など)まで遡って見えるようになります。


全社の視点(損益予測)・・・会計情報を活用して、スループット、業務費用、売上、損益などの予算・実績対比が見えます
発生原価の視点(製造原価)・・・工場単位で投入した経営資源が正確に費目単位に見えます
プロセス・活動の視点(活動原価)・・・工場内部の価値変換活動と問題の活動を視覚的に発見ができます


生産物の視点(製品原価)・・・工場全体(決算書)と個別の活動(個別原価)がループし、異常値の発見、さらにはその詳細が表示されます


(2)日次レベルでの原価計算を実現
先進の製番別活動基準原価計算機能をはじめとした実績原価計算機能により、日次での原価計算を可能とし、仕掛在庫金額を即時に把握できるようになりました。これにより、決算業務の短縮(当社比で営業日が半分)を実現しています。


(3)あらゆる原価計算パターンを提供
お客様のご要望に合わせた原価計算機能(個別原価計算/総合原価計算、実際原価計算/標準原価計算、全部原価計算/直接原価計算)をすべて装備し、今後想定される原価計算パターンにも最小限の修正で対応可能です。



【販売価格、および出荷時期】
製品名 提供時期 製品価格(税別)
WebSERVE smart 統合原価ソリューション 12月20日 7,851,000円
WebSERVE smart 統合原価 原価計算エンジン 12月20日 4,444,000円
WebSERVE smart 統合原価 製造業/加工組立テンプレート 12月20日 3,407,000円


ハードウェア、ソフトウェア、導入支援費用、カスタマイズ費用は別途個別見積となります。


販売目標
2008年度末までにソリューションセット(関連サービス含む)で100セット売上10億円を見込んでいます。


今後の提供予定商品 
装置業、ホテル業、医療(ヘルスケア)などのテンプレートを2007年度上期より順次提供を開始予定。


動作環境
[サーバ]Microsoft® Windows® 2003 Server環境のサーバ
[クライアント]Microsoft® Internet Explorer 6.0


商標について
本文中に記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

用語解説

注1 リアルタイムマネジメント:
リアルタイムマネジメント(RealTimeManagement):企業の実態をリアルタイムで把握し、俊敏に適切なアクションをとり、キャッシュフローの最大化を実現すること


注2 先進の会計理論:
先進の会計理論:一ツ橋大学尾畑裕教授が、「21世紀型原価計算の展望」の中で、林總教授の原価計算理論とシステムを最新のオブジェクト指向原価計算と評価している理論

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社