お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

SPSS、「SPSS Data Mining Day 2007」を7月に開催

小さく始めるデータマイニングから大きなROIを獲得するエンタープライズ・ソリューションまでを紹介

 Predictive Analyticsを提唱するエス・ピー・エス・エス株式会社(以下 SPSS Japan)は、データマイニングにフォーカスしたイベント「SPSS Data Mining Day 2007」を7月12日(木)にセルリアンタワー東急ホテル(東京都渋谷区)で開催することになりましたので、お知らせします。
 「SPSS Data Mining Day」では、これまでデータマイニングの導入による成果がROIに反映できるようにするため、「Predictive Analytics」というコンセプトを打ち出し、データの入り口から予測モデルの顧客接点への展開までの各ステップの役割を、技術的な詳細に拘るよりも予測結果に基づいてアクションを起こす「展開」に力点を置いて紹介してきました。一方、企業ユーザーの環境を見ると、ROIによる成果の指標は理解されつつも、データや予算の規模、データの種類、また解決すべきビジネス問題は多種多様であり、それぞれに適したマイニングソリューションが必要になっているのが実情です。そこで今回の「SPSS Data Mining Day 2007」では、多種多様な企業環境を意識し、小さくはじめるデスクトップ・データマイニングから、大きなROIを獲得できるエンタープライズ・ソリューションにまで幅広く光を当て、より多くの来場者にデータマイニングを理解してもらえる1日にします。
 入場は無料(事前登録制)、当日は約1,500人の来場を見込んでいます。

 「SPSS Data Mining Day 2007」は、ゼネラルセッションと2トラック8セッションのセミナー、パートナー企業各社による展示ブースなどで構成されます。ゼネラルセッションは、「経験価値志向マーケティングとデータマイニング」と題して神戸大学大学院経営学研究科教授の石井 淳蔵 氏が基調講演を行い、SPSS Inc. マーケティング戦略担当副社長のOlivier Jouveが「The Power of Words ~データマイニングのビジネス価値を高める言葉の力~」をテーマに講演します。特に、基調講演では、人間の気持ちやひらめきなど計量分析とは対極にあるものにまでテキストマイニングというマイニング技法が活用できることを再認識することができます。
 また、セミナーでは、明治学院大学経済学部 国際経営学科 教授 清水 聰 氏が講師を務める「データマイニングが生み出すビジネスチャンス」に加え、大地を守る会/株式会社大地、株式会社NTTドコモ、セイコーエプソン株式会社、株式会社 エヌ・ティ・ティ・データ、タカラインデックスeRラボ株式会社におけるデータ/テキストマイニングの取り組みを紹介します。

 なお、「SPSS Data Mining Day 2007」の概要は次の通りです。
                            以 上

「SPSS Data Mining Day 2007」の開催概要
[ 日  時 ]2007年7月12日(木)10:00から (9:30受付開始)
[ 会  場 ]セルリアンタワー東急ホテル B2F セルリアンタワー ボールルーム
[ 参 加 費 ]無料(事前登録制)
[お申込方法]リンク より受付
[お申込締切]7月9日(月)17:00
[ 主  催 ]エス・ピー・エス・エス株式会社
[ 協  賛 ]茨城日立情報サービス株式会社、日本電気株式会社、日本ネティーザ株式会社(社名五十音順)
[お問合わせ]SPSS Data Mining Day 2007 事務局
TEL:03-6730-3214 (受付時間 9:30-17:30 /土日祝日を除く)
FAX:03-6730-3230
Email:jpdmd@spss.com

■セミナープログラム(10:00-17:10)
[10:00-10:10]Opening Address
SPSS Inc. President and CEO Jack Noonan
SPSS Japan Inc. 上級副社長 村田 悦子 
[10:10-11:10]基調講演
経験価値志向マーケティングとデータマイニング
神戸大学 大学院経営学研究科 教授 石井 淳蔵 氏
[11:10-12:00] SPSSソリューション
The Power of Words ~データマイニングのビジネス価値を高める言葉の力~
SPSS Inc. Vice President, Market Strategy Olivier Jouve

●トラックA
[13:10-14:00] 
データマイニングが生み出すビジネスチャンス
明治学院大学 経済学部 国際経営学科 教授、清水 聰 氏
[14:10-15:00] 
有機野菜などの会員制宅配組織『大地宅配』における購買分析
大地を守る会/株式会社大地 販売企画グループ、表 恒伸 氏、前川 隆文 氏
[15:20-16:10] 
情報大航海時代に向けたNTTドコモにおける戦略的情報活用
株式会社NTTドコモ 情報システム部 情報戦略担当部長、久保田 明 氏
[16:20-17:10] 
感性工学的アプローチによるコーポレートブランドの分析
セイコーエプソン株式会社 ブランド・コミュニケーション推進部、野本 泰弘 氏、布施 智一 氏

●トラックB
[13:10-14:00] 
テキスト情報から「次の一手」を決めるマーケットの本音を探索
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ 法人ビジネス推進部 なずき推進室 商品企画・営業チームリーダ、尾崎 哲夫 氏
[14:10-15:00] 
大規模データ時代の顧客データマイニング
日本ネティーザ株式会社 代表取締役兼北アジア・ゼネラルマネージャー、ダグラス・エッツェル 氏
日本電気株式会社UNIVERGEシステム事業部 DWH-SI部 マネージャー、
外賀 伸治 氏
[15:20-16:10] 
データマイニング活用指南
SPSS Japan Inc. セールスエンジニアリング シニアマネージャ、鈴木 貴志
[16:20-17:10] 
「個客」をどのように理解するか
タカラインデックスeRラボ株式会社 データベースマーケティング部マネージャー、神谷 謙五 氏

■展示会(12:00-17:30)
 SPSSとパートナー企業各社によるブース展示

<SPSSについて>
SPSS Inc.(NASDAQ - SPSS)は、Predictive Analyticsソフトウェアおよびソリューション提供のリーディング・カンパニーです。Predictive Analyticsは現状および将来についての信頼できる結論を的確に描き出すように、データを戦略的で有効なアクションにつなげることを言います。民間企業、大学、公共機関など25万以上の団体がSPSSテクノロジーを活用し、増収、コスト削減、プロセス改善、不正の発見と防止などに取り組んでいます。Fortuneトップ1000にランクされる企業のうち95%以上がSPSSユーザーです。SPSSは1968年に設立され、米国イリノイ州シカゴに本社をおいています。
詳しくはWebサイトをご覧ください。
SPSS Inc.: www.spss.com / SPSS Japan: www.spss.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社