お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アジア太平洋地域のセットトップボックス市場:技術動向、ベンダのポジショニング、ビジネスチャンス

米国調査会社ABIリサーチは、アジア太平洋地域のテレビ業界のデジタル化への大きな転機を調査している。

現在、テレビ業界ではデジタル化への大きな転機を迎えている。アジア太平洋地域の多くの国々では、放送はアナログからデジタルへと移行している。激しい競争の中で有利な立場を維持しようと、オペレータやベンダは、インフラと機器をアップグレードしている。市場の需要と予測される完全なデジタル化に伴い、ベンダは序々にデジタルセットトップボックスの生産に切り替えている。アジア太平洋地域のデジタル導入は明らかに加速しており、技術、インフラ、プライシング、価格、場合によっては地域性の要因によって、成長率は国によって異なるだろう。米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「アジア太平洋地域のセットトップボックス市場」は、アジア太平洋地域の主要5カ国(オーストラリア、中国、日本、韓国、インド)の市場を調査し、 ケーブルTV (CATV)、衛星(DBS)、地上波(DTT)および通信TV(IP)の4つのビデオプラットフォームの市況を調査している。また、技術の概要とベンダ環境について論じ、競争が激しい様々なプラットフォームの市場背景を分析している。


◆調査レポート
アジア太平洋地域のセットトップボックス市場:技術動向、ベンダのポジショニング、ビジネスチャンス
Asia-Pacific Set-Top Box Markets
Technology Trends, Vendor Positioning, and Market Opportunities
リンク


◆米国ABIリサーチについて
リンク


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社