お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デュアルモード携帯端末が牽引してVoIP over Wi-Fi機器市場は2012年までに820億ドル

英国の調査会社ジュニパーリサーチ社「無線VoIP端末と携帯電話の融合市場調査:市場現況と2012年までの予測」レポートでVoIP over Wi-Fi機器市場の収益は、2012年までに北米が350億ドル、ヨーロッパ、中東、アフリカが230億ドル、アジア太平洋地域が210億ドルで、世界で820億ドルに到達すると予測している。

英国調査会社ジュニパーリサーチ社の調査によれば、VoIP over Wi-Fi機器市場の収益は、2012年までに北米が350億ドル、ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)が230億ドル、アジア太平洋地域が210億ドルで、世界で820億ドルに到達するだろうと予測している。

調査レポートは、下記についても調査している。

1) デュアルモード携帯端末(セルラー/VoIP over Wi-Fi)は、2012年までに820億ドルと予測している市場総額の内、680億ドルを占めるだろう。
2) VoIP over Wi-Fiのシングルモードモバイル端末は、主に高価なことが理由で2012年に15億ドルの収益にとどまるだろう。
3) VoIPをサポートする企業向けの接続ポイントが、2012年に50億ドルという市場を創出する。
VoIPをサポートする企業向けのWLANスイッチ/モバイルコントローラは、2012年に80億ドルという市場を創出する。

調査レポートの著者であるBasharat Hamid Ashai氏は、「今後数年間、デュアルモード携帯端末市場はシングルモードWi-Fi端末より急速に成長するだろう。誰もが一度に2台も3台もの端末を持ち歩きたくないので、ひとつのデバイスで何でも受信できる機能のあるデバイスは、携帯端末市場で無視できないものになっている。多くの単機能のVoIP over Wi-Fiモバイル端末メーカーは、デュアルモード携帯に設計や企画を変更しつつある」と述べている。

もうひとつの主要なトレンドとして、VoIPに無線メッシュ技術を利用することがあげられる。 現在、このネットワーク技術は揺籃期にあり、主としてデータアプリケーションに使用されている。しかし、この市場は今後数年間、無線VoIPにおいて成長するだろう。無線メッシュを使用するVoIPは重要な動向である。

英国調査会社ジュニパーリサーチ社の調査レポートは、ベンダとプロバイダを対象とした40件のインタビューによる、下記のデータを掲載している。

■ VoIPをサポートする企業向けアクセスポイント
■ VoIPをサポートする企業向けWLANのスイッチ/モバイルコントローラ
■ VoIP over Wi-Fiのシングルモードモバイル端末(個人ユーザ向け、企業向け)
■ デュアルモード携帯端末(セルラー/VoIP over Wi-Fi)
VoIP over Wi-Fiのシングルモードモバイル端末のチップセット (個人ユーザ向け、企業向け)

このプレスリリースの付帯情報

世界のVoIP over Wi-Fi機器市場 - 2007-2012年の収益予測

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社