お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アバイア、中国・大連にソフトウェア・サービスセンターを開設

中国と北東アジア地域のソフトウェア・アプリケーション開発と顧客サービスを拡充

<中国 2007年1月26日発表 プレスリリース抄訳>

企業向けビジネス・コミュニケーション・アプリケーション、システム、サービスの
リーディング・プロバイダーである米アバイア・インク(NYSE:AV、以下「アバイ
ア」)は本日、中国北東部の遼寧省にアバイア(大連)インテリジェント・コミュニ
ケーション社(以下ソフトウェア・サービスセンター)を設立しました。新会社は、
中国の成長機会を活用するとともに、中国および日本を含む北東アジア諸国の顧客
サービスの拡充というアバイアの事業戦略を展開する上で重要な役割を果たします。


大連ソフトウエアパークの中に新設されたソフトウェア・サービスセンターは、アバ
イアのアジア太平洋地域におけるソフトウェア・サービスの中心的な位置づけとな
り、カスタマー・サービス、研究開発、アプリケーション設計などを行います。アバ
イアの最新コミュニケーション・ソリューションと技術を完備する同センターは、北
東アジア地域におけるソフトウェア・アプリケーション開発をサポートします。ま
た、中国、韓国、日本のお客様に対して、それぞれの言語でカスタマー・サービスを
提供します。


アバイアは2006年6月に大連市と、同市の中国・北東アジア市場のコールセンターの
中心地としての成長を支援する内容の覚書を交わしました。アバイア(大連)インテ
リジェント・コミュニケーション社の設立により同覚書に基づく第2段階の活動が完
了することになります。アバイアは同社を通して、同覚書に基づく大連市との協力活
動を推進するために、さらに多くのリソースを投入していきます。また同社は、大連
市への進出を希望するお客様に、コンタクトセンター・コンサルタントのサービスや
経営ノウハウを提供します。


アバイア・グローバル・サービスのバイスプレジデントであるフラン・スクリッコ
(Fran Scricco)は「新サービスセンターは、中国やアジア太平洋地域全体における
アバイアの新たな成長機会を開拓してくれるでしょう。業界トップクラスのコミュニ
ケーション技術や革新的かつ包括的なサービスの世界的なリーディングカンパニーと
して、当社は、世界中でもっとも高い経済成長率を達成している国のひとつである中
国で事業を拡大するために体制を整えました。アバイアはアジア太平洋地域のお客様
のインテリジェント・コミュニケーションによるメリットの享受を支援します」と述
べています。


遼寧省の沿岸に位置し、地理的に日本や韓国に近い大連市は、その地理的優位性や多
数のIT専門家や外国語に精通した人々がいる点を利用して、ソフトウエアやサービス
産業の育成に重点を置いてきました。同市は2006年に商務省および情報産業省から中
国初の「サービスセンターシティ」の認定を受けています。


本日、大連市高官、中国、日本、韓国のお客様やビジネスパートナーの出席のもと、
同社の設立式を行いました。アバイアは、中国本土において北京、上海、広州、成都
に事業拠点を有します。


アバイア・チャイナ社長のディネシ・マルカニ(Dinesh Malkani)は「中国企業は、
より鋭敏で生産性が高く、競争力のあるコミュニケーション・ソリューションを導入
したいと考えており、インテリジェント・コミュニケーションのもたらす可能性を十
分に引き出し、自社のニーズやサービスに対応してカスタマイズされたアプリケー
ションを求めています。当社は大連に新拠点を置くことにより、彼らが求めるアプリ
ケーションやサービスを、タイムリーに、そして個々の顧客に合わせた形で提供する
ことが可能になります。私たちはまた、大連市とさらに緊密に協力しながらコールセ
ンター産業を育成していけることに関しても、たいへん喜ばしく感じています」と述
べています。


アバイア(Avaya Inc.)について  
アバイア・インク(本社所在地:米国ニュージャージー州バスキングリッジ、NYSE:
AV)は、世界の100万社以上の企業(FORTUNE 500Rの90%を含む)に、コミュニケー
ション・ネットワークの設計、構築、管理を提供しています。信頼性にすぐれたIPテ
レフォニー・システムとコミュニケーション・ソフトウェア・アプリケーションと
サービスの世界的リーダーとして、あらゆる規模の企業をサポートしています。

世界規模で提供できる包括的なサービスと、ビジネス・アプリケーションをともなっ
た音声データ統合コミュニケーションに注力しており、お客様が既存のネットワーク
や新規に構築するネットワークを活用してよりよい業績を達成するためのお手伝いを
しています。詳しくはアバイアのウェブサイトリンク をご覧くださ
い。日本アバイアについては、リンク をご覧ください。


※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の商標です。その他すべての商標は個々
の商標権者に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社