お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

TelcoTVの展開がヘッドエンドメーカーを後押し

TelcoTVが拡大している影響で、2005-2006年には数多くのヘッドエンドが製造され、2006年にはH.264圧縮技術が拡大し、ためらっていた通信会社の計画展開をおし進めたと米国調査会社インスタット社では報告している。また同社では、通信会社のテレビ放送の展開は加入者数の増加により2005-2010年にヘッドエンド数が800を超え、技術の進捗によるアップグレードがさらにTelcoTVヘッドエンドブームをあおると予測している。

拡大する通信経由のテレビ放送(TelcoTV)のおかげで、2005-2006年には数多くのヘッドエンドが製造され、2006年にはH.264圧縮技術が拡大し、ためらっていた通信会社の計画展開をおし進めたと米国調査会社インスタット社は報告する。通信会社のテレビ放送の展開は加入者数の増加により、2005-2010年にヘッドエンド数は800を超えた。技術の進捗によるアップグレードが、さらにTelcoTVヘッドエンドブームをあおるだろう。

「通信事業者は、既存の標準的なチャンネルラインアップにHDチャンネルを追加しており、短期的には収益のほとんどはこのアップグレードによるものであろう。2009-2010年になると、圧縮アルゴリズムの改良によって、帯域幅節約がコストを上回り、通信事業者は4-5年目を迎える設備を置き換えると予測される」とインスタット社のアナリストMichelle Abraham氏は語る。

インスタット社は以下についても調査した。

■ 現在はヘッドエンドはビデオストリームを「通す」ためのものである。インスタット社は、通信事業者がテレビ放送に、広告挿入のようなサービスで個々の特徴を付与するようになれば、それが変化すると予測する
■ 通信事業者のテレビ放送向けのヘッドエンドによる総収益予測は、2010年に8億6900万USドルに達するだろう
■ ヘッドエンドインフラストラクチャの規模と配信は、通信事業者によって大きく異なる

インスタット社の調査レポート「通信経由のテレビ放送向けヘッドエンド市場 - In-Depth Analysis: Telco TV Headends: A Booming Business」は、通信経由のテレビ放送(TelcoTV)向けヘッドエンドハードウエアとミドルウエアの市場を調査している。新しいヘッドエンドの設置と毎年のアップグレードを予測し、世界の放送コンテンツ製作設備、オンデマンド制作設備、ミドルウエア、コンテンツ保護による収益の5年間予測を、南北アメリカ、アジア、欧州、中東、アフリカの地域別に提供する。


調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
通信経由のテレビ放送向けヘッドエンド市場
In-Depth Analysis: Telco TV Headends: A Booming Business
リンク

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社