お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

HDMIは安定的に成長するがDVIは2007年以降に減速

デジタルビジュアルインターフェース (DVI)と高解像度マルチメディアインターフェース(HDMI)は記録的成長を見せているが、HDMI市場は今後縮小し、HDMI対応デバイスの出荷台数は2010年まで1年あたり78%で成長するが、DVIは2007年に減少し始めると、米国の調査会社インスタット社では予測している。

デジタルビジュアルインターフェース(DVI)と高解像度マルチメディアインターフェース(HDMI)は記録的成長を見せているが、HDMI市場は今後縮小すると米国調査会社インスタット社は報告する。HDMI対応デバイスの出荷台数は2010年まで1年あたり78%で成長するが、DVIは2007年に減少し始める。DVIとHDMIは、どちらも高帯域デジタルインターフェース規格である。DVIは主にPCと周辺機器向けだが、HDMIは家電市場がターゲットである。

もともとはデジタルTV(DTV)向けに設計されたHDMIは、家電市場の主要なデジタルインターフェースになった。最近ではセットトップボックス、DVDプレイヤー、A/Vレシーバーやゲーム機等のDTVに接続するデバイスで、デザインウインを獲得した。またHDMIは、PC市場の中でもよりメディアセントリックなノートブックやデスクトップPCに搭載されるようになってきている。

インスタット社の調査結果を以下にあげる。

■ PC市場でDisplayPortが、DVIやVGAに取ってかわるデジタルインターフェースとなる。
■ 2005年にDVI対応製品の出荷台数は9000万を超え、過去最高となった。
■ DVI対応製品では無線が目立ってきており、この動向は今後2、3年間さらに強まる。

インスタット社の調査レポート「DVIとHDMI市場:次世代デジタルインターフェース規格 - In-Depth Analysis: DVI and HDMI 2006: DisplayPort Will Succeed DVI, Smooth Sailing for HDMI」は、PCの20のアプリケーション、周辺機器、CEにおけるDVIとHDMIの普及の分析と5年間の予測データを提供している。DVIとHDMIの送信機と受信機の5年間の平均販売価格を予測している。2004年まで遡った普及予測と、主なDVIおよびHDMI向けサプライヤの簡潔なプロファイルを記載している。


調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
DVIとHDMI市場:次世代デジタルインターフェース規格
In-Depth Analysis: DVI and HDMI 2006: DisplayPort Will Succeed DVI, Smooth Sailing for HDMI
リンク

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社