お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

中国政府の方針によってデジタルケーブルセットトップボックス市場は飛躍

米国調査会社インスタット社の調査レポート「中国のデジタルケーブルTV向けセットトップボックス市場 - In-Depth Analysis: Digital Cable STBs in China」によると、中国政府が導入したWhole System Shiftによって、中国のデジタルケーブルセットトップボックス(STB)市場は成長を遂げ、デジタルケーブルセットトップボックスの出荷台数は2005年の300万から、2010年には4倍の1200万に増加するとインスタット社では予測している。

米国調査会社インスタット社の調査レポート「中国のデジタルケーブルTV向けセットトップボックス市場 - In-Depth Analysis: Digital Cable STBs in China」によれば、中国政府が都市部の家庭のテレビをアナログからデジタルケーブルTVに移行させる試みとしてWhole System Shiftを導入するため、中国のデジタルケーブルセットトップボックス(STB)市場は成長する。その結果、デジタルケーブルセットトップボックスの出荷台数は2005年の300万から、2010年には4倍に増加して1200万に達する。

「出荷台数が増加するのは、主に必要最小限の機能が付いたデジタルセットトップボックスである」とインスタット社のアナリストRebecca Tan氏は言う。「現在、Whole System Shiftを導入しているケーブルオペレータの大半が基本的なサービスしか提供しておらず、双方向ネットワークのインストールはまだ開始していない。双方向サービスの本格的な開始には時間を要するため、オペレータはベーシックなセットトップボックスを選択している。」

インスタット社の調査結果を以下にあげる。
■ 数回にわたるWhole System Shiftの試行後、デジタルケーブルTVの加入者数は2005年末の80万から2700万に急増する。
■ 高性能なセットトップボックスの出荷台数は安定的に増加し続け、2010年に1500万台に達する。
■ 中国のケーブルセットトップボックスの総収益額は、2010年に5億8600万ドルに達する。

インスタット社の調査レポート「中国のデジタルケーブルTV向けセットトップボックス市場 - In-Depth Analysis: Digital Cable STBs in China」は、中国のケーブルTVセットトップボックス市場について記載し、中国ケーブルTVのデジタル化の流れを鋭く分析している。平均販売価格、出荷台数、中国のデジタルケーブルセットトップボックスの2006年から2010年にわたる収益予測を提供している。また、中国国内の主なセットトップベンダのプロファイルを記載している。

調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
中国のデジタルケーブルTV向けセットトップボックス市場
In-Depth Analysis: Digital Cable STBs in China
リンク

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社