お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

屋内無線通信ネットワーク

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
12月出版予定です。

屋内無線システム市場は、今後5年間で飛躍的に成長する。導入率は年平均成長率(CAGR)ほぼ20%、収益は22%以上で増加する。2006年の世界の屋内無線システムによる収益は13億ドル超で、 2011年には36億ドルまで増加する。米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「屋内無線通信ネットワーク」は、世界の屋内無線システムの成長を地域別に調査している。建物の大きさ、システムの種類をベースに市場拡大の定量分析を行い、その促進要因を特定している。リピータ、ピコセル、フェムトセル、分散アンテナシステム、ケーブル配線、アンテナなどの屋内無線システムに使用されるプライマリコンポーネントの収益と出荷台数を詳細に記載し、性能、機能、コスト、無線システムがバリューチェーンの企業に及ぼす影響、新技術の効果をベースに屋内無線システムを分析している。

◆調査レポート
屋内無線通信ネットワーク:世界のアクティブ、パッシブ、分散アンテナシステム、リピータ、ピコセル、フェムトセルの導入シナリオ
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社