お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

エリアビイジャパン、アプライアンス型セキュリティサービス「RECARGE」提供開始

導入から運用までのフルラインサービスで企業システムを長期安定サポート

エリアビイジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:鈴木一成)は、アプライアンス型セキュリティシステム運用サービス「RECARGE (リカルジェ)」の販売を、12月4日より開始します。

「RECARGE(リカルジェ)」は、複数のネットワークセキュリティ機能を搭載するアプライアンス機器を利用した、アウトソーシング型のネットワークセキュリティサービスです。当社の主力製品「SWANStor(スワンストア)*1」のSSL-VPN技術にファイアウォールや拠点間VPNなどの機能を新たに付加したアプライアンス機器と、設立以来豊富な実績を誇るASPサービスとを融合させることで、高機能かつ安定したセキュリティ環境が実現します。「RECARGE(リカルジェ)」は、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:矢野薫、以下NEC)が提供する「NEC Express5800」シリーズをベースにした当社独自のアプライアンス機器によりご利用いただけます。

統合型セキュリティ市場は、企業のインフラ費用、運用費用の削減意欲の高まりを背景に、急速に拡大しています。一方で、ネットワーク管理者向け調査*2では、ネットワークベンダの技術サポート不足が課題として指摘されています。特にアプライアンス機器を使用した統合型セキュリティ市場では、ブラックボックス化された機器で様々な機能を提供するため、市場拡大に伴ってサポート面の課題は益々深刻化していくことが予想されます。こうした状況を受け「RECARGE (リカルジェ)」では、統合型セキュリティサービスの技術サポート面での課題を解決するため、万全なセキュリティ機能の提供だけでなく、新しいタイプのアウトソーシングサービスとして、専門スタッフによる技術サポートを強化しています。

「RECARGE (リカルジェ)」の主な特長は以下の通りです。

①単一アプライアンス機器で多彩なセキュリティ機能を実装
「SWANStor(スワンストア)*1」によるSSL-VPN機能に加え、ファイアウォール機能、拠点間VPN機能、不正侵入防衛機能等に対応。独自の運用サービスセンタでの監視により、常に最先端のネットワークセキュリティ対策で企業システムを保護。

②高度なSSL-VPN技術でモバイル通信環境にも対応
「SWANStor」のSSL-VPN技術により、モバイル通信に対応。業務にモバイルPC、携帯電話等を利用する企業にも、世界有数のリモートアクセス技術で強固なセキュリティ環境を提供。

③専門技術スタッフが導入から運用までを一貫してサポート
機器の導入から管理・運用までを専門スタッフが万全サポート。企業構内に専用機器を設置していただくだけで、その後の煩雑な設定作業、管理業務、障害対応が一切不要で、万一の障害発生時にも迅速な復旧が可能。

④固定価格で多様なセキュリティ機能を提供
アプライアンス機器は、搭載機能の種類、数によらず、固定価格で提供。機能追加による費用面での不安がないため、必要な機能を安心して付加することが可能。

当社は、ネットワークセキュリティニーズ、及びリモートアクセスニーズの高い業種、特に、携帯電話等からの企業内業務システムへのアクセスや、複数拠点間での通信接続を必要とする企業を中心に、「RECARGE(リカルジェ)」を提供します。今後当社では、「RECARGE(リカルジェ)」の販売代理店となる企業とのパートナーシップを積極的に推し進め、初年度2億円(100社)、3年間で10億円(500社)の売上を目指しています。

*1 エリアビイの主力製品であるインターネット環境に適したSSL-VPN(仮想私設網)ソフトウェア
*2 ネットワークベンダへの満足度として、機能面では半数以上が満足しているのに対し、サポート面では3割程度
出典:IDC調査「2006年 国内ネットワーク機器企業ユーザー調査」

【賛同文】
日本電気株式会社 クライアント・サーバ販売推進本部 グループマネージャ 岩山 光雄 様
『NECは「法人向け統合型セキュリティサービス「RECARGE (リカルジェ)」のプラットフォームにNEC Express5800シリーズを採用いただいたことに大変感謝しております。統合型セキュリティサービス「RECARGE (リカルジェ)」が企業活動の安心・安全・便利をより具体化し、多くの企業のビジネス革新を推進するものと大いに期待しています。NECは、国内シェアNo.1*1、顧客満足度No.1*2のプラットフォームビジネスのリーディングカンパニーとして、豊富なラインナップと万全なサポート体制により、最適なビジネス環境をお客様にご提供できるものと確信しております。今後も先進テクノロジー取り入れた柔軟・安心・快適なプラットフォームを提供してまいります。』
*1 2006年第2四半期 x86サーバー出荷台数 出典:IDC Worldwide Quarterly PC Tracker, Q2 2006
*2 日経コンピュータ2006年8月7日号「第11回顧客満足度調査」パソコン・サーバー部門1位

※NEC Express5800シリーズについて(リンク
NECが提供する部門サーバから基幹サーバまで、お客様のニーズに最適に対応可能なPCサーバ群。「設置環境性」、「セキュリティ」、「信頼性/可用性」、「運用性」、「性能/拡張性」に優れ、「RECARGE (リカルジェ)」のアプライアンス機器として採用。

【本リリースに関するお問い合わせ】
エリアビイジャパン株式会社 営業本部 森田
TEL:03-3256-5022
FAX:03-3256-5023
e-mail: sales@areabe.com

このプレスリリースの付帯情報

RECARGE(リカルジェ)全体像

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

【「RECARGE (リカルジェ)」について】

◇提供機能
・SSL-VPN(アイデンティティアクセス管理)
・SSL-VPNゲートウェイ<エリアビイ運用ASP>
・拠点間VPN
・ファイアウォール(パケットフィルタリング)
・不正侵入検知/不正侵入防衛
・ルータ
※標準機能ではSSL-VPNのユーザ数制限は50ユーザ、その他機能はユーザ数制限なし

◇提供サービス

●導入設定サービス
●保守サービス
・ヘルプディスク
・ソフトウェア修正パッチ提供
・ハードウェアオンサイト保守
●維持管理サービス
・修正パッチの適用
・システム設定バックアップ
・システム監視(システム死活監視、システムログ監視、リソース監視)
●障害復旧サービス
・リモート接続による調査、報告
・障害の切り分け

◇提供価格
本体料金:150万円~
     (ハードウェア、導入設定サービス)
運用料金:50万円/年~
     (保守サービス、維持管理サービス、障害復旧サービス)

【エリアビイジャパン株式会社について】

エリアビイジャパン株式会社は、情報化社会において有用性の高い革新的なソフトウェア技術を創造していくことを理念に掲げ、世界市場をターゲットにソフトウェア製品の開発と販売を行っています。
主力製品である「SWANStor(スワンストア)」は、PCや携帯電話からのリモートアクセス環境にて企業システムを保護するSSL-VPN(仮想私設網)ソフトウェアです。Gateway共有サービスをASPとしてインターネット上で提供し、ファイアウォールやルータ等の既存のネットワークシステムに設定変更を加えることなく簡易に導入できるというインターネット環境に適した特長があります。SSL-VPNという分野が黎明期であった頃より他社に先駆けて販売を開始し、現在までに500社・8,000本以上の出荷実績があります。
当社は設立当初より、総合的なセキュリティサービスの提供を目指し、セキュリティ製品の提供だけでなく、ユーザ企業への技術サポートにも力を注いでいます。

本社所在地:東京都千代田区神田須田町2-8-2
代表取締役:鈴木 一成(スズキ カズナリ)
設立:2001年11月
資本金:3億987万円(2006年1月現在)
事業内容:
・セキュアリモートアクセスソフトウェアの開発、販売
・プロフェッショナルサービス提供

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社