お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

オンライン決済ソリューションに権限設定システムを導入

Webブラウザ向け決済管理画面のセキュリティを強化

SBIベリトランスは、オンライン決済ソリューション「VeriTransカード」および「VeriTransコンビニ」に、権限設定システムを導入しセキュリティ面の機能強化を実施いたしました。

オンライン決済ソリューションを提供するSBIグループのSBIベリトランス株式会社(東京都港区 代表取締役:沖田 貴史、以下、「SBIベリトランス」)は、オンライン決済ソリューション「VeriTransカード」および「VeriTransコンビニ」に、権限設定システムを導入しセキュリティ面の機能強化を実施いたしました。

「VeriTransカード」および「VeriTransコンビニ」は、ECおよび通販事業者向けにさまざまな決済業務支援システムを提供し、クレジットカード払いやコンビニ払いを希望する購入者との決済手続きをスムーズにかつ安全に処理できるよう支援するソリューションサービスです。この度、権限設定システムを導入した決済管理画面は、Webブラウザを利用しアクセス可能な画面上で、取引状況の確認をはじめ、明細データのダウンロードや売上・キャンセルなどの決済処理が容易に行える機能を提供しております。

通常、決済代行業者の提供する決済管理画面では、サービス利用事業者は、付与されたID・パスワードを社内で共用する形で管理画面を使用するため、管理上の問題が発生した際に画面操作した担当者やパソコンを特定することは困難です。この度SBIベリトランスが提供する決済管理画面では、設定したユーザーごとに利用可能な画面上の機能を制限し、IPアドレスによるアクセス制限やアクセス履歴の確認が可能となりますので、サービス利用事業者は安心してユーザーIDを発行し業務分担を行えるようになります。

SBIベリトランスは、国内EC市場の更なる発展に欠かせない決済インフラを担う企業として、今後もサービスの拡充と品質の一層の向上を目指します。

■権限設定システムの概要

<ユーザーID作成・削除>
管理者設定によりユーザーIDの作成は標準で2つまで可。3ID以上の利用は有償。

<権限設定機能>
管理者設定により決済管理画面上で各ユーザーが利用可能な決済処理機能を自由に制限可。
ユーザー作成例)・検索のみ利用可。
・カード決済の機能のみあるいはコンビニ決済の機能のみ利用可。
・クレジットカード番号など重要な情報の非表示。

<IPアクセス制限>
管理者設定により管理者IDや各ユーザーIDに対するアクセス元IPの制限可。

<アクセスパスワード変更>
管理者設定により管理者IDや各ユーザーIDのパスワードを変更可。ユーザーによるパスワード変更は管理者設定により可。

<アクセス履歴>
各ユーザーのアクセス履歴を閲覧可。

用語解説

<SBIベリトランス株式会社について>
SBIグループのSBIベリトランス株式会社(旧社名:ベリトランス株式会社 2005年7月1日に社名変更)は、日本における電子決済サービスの草分け的な存在として1997年に設立されました。現在、安全性、信頼性、拡張性に優れたクレジットカード決済サービス 及び コンビニ決済サービスを国内1,000社以上のEC店舗に提供しています。オンライン決済ソリューション「VeriTransシリーズ」は、豊富な経験と実績に基づき、利便性・信頼性の高い決済基盤として、EC事業者様、金融機関様の信頼をいただいております。

会社名 :SBIベリトランス株式会社
所在地 :東京都港区六本木 1-6-1 泉ガーデンタワー19F
設立 :1997年4月
代表者 :代表取締役 沖田 貴史
資本金 :10億3,962万円
事業内容 :オンライン決済サービス(カード決済、コンビニ決済等)の提供
証券コード:3749(大証ヘラクレス)
URL :リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社