お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ベルシステム24と日本オラクルが、 企業のマーケティング活動を支援するマーケティングソリューション「PROGRES」を共同開発

~第一弾として「PROGRES(プログレス)イベント支援ASP」を提供開始~

株式会社ベルシステム24/日本オラクル株式会社
2006/02/08 14:00

株式会社ベルシステム24(代表取締役社長:園山征夫、本社:東京都豊島区、リンク、以下ベルシステム24)と、日本オラクル株式会社(代表取締役社長:新宅正明、本社:東京都千代田区、リンク、以下日本オラクル)は、企業のマーケティング活動を総合的に支援するマーケティングサービス「PROGRES(プログレス)」(*1)を共同で開発したことを発表いたします。

「PROGRES(プログレス)」の情報システム基盤である「PROGRES(プログレス)システム」は、日本オラクルが提供するWebマーケティングシステム「OCD(Oracle Contact Database)、以下OCD」に、ベルシステム24が保有する「CMS(Call Management System)、以下CMS」を追加開発し完成しました。日本オラクルが培ってきたWebマーケティングと、ベルシステム24のテレマーケティングにおける強みがシステム的に統合され、より広範なサービス領域をカバーすることが可能となりました。この新しいシステムは潜在的な見込客を効率的に発見し、ベルシステム24が掲げるP-P-Cサイクルプラン(*2)を実現します。

「PROGRES(プログレス)」で提供されるサービスの第一弾として、企業のマーケティング活動として実施されるイベントやセミナーの効果的な運用をサポートする、ASPイベントサポートパッケージ「PROGRES(プログレス)イベント支援ASP」を共同で開発し、販売を開始することを発表いたします。「PROGRES(プログレス)イベント支援ASP」は、「PROGRES(プログレス)システム」上で運用され、「イベント集客プロモーション」、「イベント関連バックヤード業務」、「来場者へのマーケティングプロモーション」の企画・運営を定型化し、ASPパッケージサービスとして提供されます。

これにより、企業のマーケティング担当者をサポートするとともに、イベントを利用した企業のマーケティング活動や営業活動を効率的に支援します。顧客企業は、ASP形態で提供されるこのサービスを用い、業務の進捗等を随時確認することができます。ベルシステム24が業務運用および販売を担当します。
両社は、「PROGRES(プログレス)イベント支援ASP」を皮切りに、今後も協力して、「PROGRES(プログレス)システム」をプラットホームとした「PROGRES(プログレス)」によって、企業のマーケティング支援サービスを、さまざまな形で提供していく予定です。

(*1) 「PROGRES(プログレス)」の名称の由来は、このサービスの要素である「販売促進の“Promotion”」、「見込客の“Grading”」、「クライアントセールス部隊への“Escalation”」の単語を組み合わせたもの。
(*2) P-P-Cサイクルプラン:P-P-Cは、「Potential」「Prospect」「Customer」の頭文字を繋げたもの。P-P-Cサイクルプランは、「潜在客」から「見込客」、そして「顧客」へと成長させ、更にはそのサイクルを循環させ、ロイヤルカスタマーへと育成していこうとするベルシステム24が提唱するマーケティングの概念。「顧客とのコミュニケーション力・情報収集力の強化」と「顧客接点情報の整備・統合」、そしてその「情報を有効活用する仕組みづくりと継続的運用」が、P-P-Cサイクル運用のポイントとなる。

■ 「PROGRES(プログレス)」開発の背景
ベルシステム24が従来、得意としてきたマーケティングソリューションの領域は、電話という通信メディアを中心にサービス展開を行ってきた関係から、顧客の購買プロセスでいうと、顧客が商品に関心を持ち、企業にコンタクトして来る以降の領域、P-P-Cサイクルでいうと「Prospect」から「Customer」へと育成し、更にロイヤルカスタマーへと育成していく領域が中心でした。

しかし、インターネット・メディアの普及により、ベルシステム24の事業領域を更に拡げ、潜在客の創造・発掘から最終的なロイヤルカスタマーへの育成までのあらゆるプロセスを、マーケティングソリューションとしてワンストップで提供できる環境が整ってきました。そこで、その「ワンストップ・ソリューション」実現に向け、以前よりテクニカルパートナーとして良好な関係を構築していた日本オラクルと共同で「PROGRES(プログレス)」を開発しました。

■「PROGRES(プログレス)イベント支援ASP」開発の背景
「イベント」という、マーケティング・キャンペーンの様々な要素が凝縮された「プロモーション」の支援プログラムをパッケージ化し、システムとサービス運用とをASP的な形態で提供することにより、まずは手軽にスポット的な利用で、「PROGRES(プログレス)」の有効性を体感してもらいたいと考え、「PROGRES(プログレス)イベント支援ASP」を開発しました。
「PROGRES(プログレス)イベント支援ASP」は、企業のマーケティング担当者に対し、「イベントの管理工数負担の軽減」、「来場者への営業フォロー活動の効率化」、「イベント効果、課題の明確化」という付加価値を提供いたします。

■「PROGRES(プログレス)イベント支援ASP」が提供するメリット
①イベントプロセスの一括受託
告知から集客、来場者へのお礼メール制作・送信などのフォローアップまでイベントプロセスを定型メニュー化し、一括受託

②精度の高い顧客データベースの構築
企業データベースマスタ、および住所を、企業が保有している顧客情報などのデータを標準化、統一化する「データクレンジング」の活用により精度の高い顧客データベースの構築をサポート

③「ダッシュボード」による情報のリアルタイム分析とイベントプロセスの可視化
イベント参加申込経路、イベントの集客状況、来場者フォローアップの進捗をデータダッシュボードにより、リアルタイムで閲覧するための環境を提供

④購買見込度の格付けによるフォロー対象者の抽出
イベント参加登録時の調査情報をベースに、独自の格付け理論を駆使し、重点的にフォローアップすべき対象を抽出することが可能

⑤イベント効果測定レポートの提供
告知媒体別の反応結果、各種メール送信におけるクリック率、登録者もしくは来場者プロファイル、来場者フォローアップにより創出された見込客情報等、各種情報を総合的に分析し、イベント実施効果測定レポートを提供


■「PROGRES(プログレス)イベント支援ASP」の概要
①パッケージ内容
・イベントポータルサイトの制作・セットアップ
・イベント案内メール制作・送信
・イベント申込受付、受付確認メール送信
・直前リマインドメール制作・送信
・来場者名刺データ入力
・来場者へのお礼メール制作・送信
・顧客データの格付け処理
・顧客に電話でアプローチするサービス「アウトバウンド」結果を反映した顧客データの再格付け処理
・各種レポート作成(媒体別顧客反応、集客プロモーション成果、来場者・見込客分析、費用対効果etc)

②オプション内容
・イベント案内電話発信
・イベント申込促進コール発信
・直前リマインドコール発信
・イベントサイトからのセッション資料ダウンロード設定

■「PROGRES(プログレス)イベント支援ASP」の提供開始日時と価格
提供開始日時:2006年2月8日(水)
パッケージ:平均価格250万円程度(集客1000人規模のイベントを想定)
以上

≪ベルシステム24について(リンク)≫
ベルシステム24は『Creating Value through Dialogue』(お客様との対話を通じて価値を創造します) をスローガンに1982年の設立以来、常に業界のリーディングカンパニーとして、CRMソリューション事業を展開してまいりました。現在では、約4,300社のクライアント企業に顧客満足を向上するためのコミュニケーションサービス及びマーケティング・コンサルティングサービスを提供しております。
 
≪日本オラクルについて(リンク)≫
日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開しています。1999年2月5日に店頭市場へ株式公開、2000年4月28日に東証一部上場。従業員数1,502名(2005年11月末現在)。

Oracleは、Oracle Corporationの登録商標です。本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社