お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日本ローパー、クラス最高レベルの冷却型1600万画素デジタルカメラ「Redlake MegaPlus II EC16000」を発売

高画素化・大型化が進む、FPD(フラットパネルディスプレイ)の製造検査に最適! コンパクトなボディ、超高精細CCD採用、ペルチェ冷却・ファン併用選択可能。

 株式会社日本ローパー(本社:東京都江東区深川2-8-19サクライビル3F、代表取締役:安井英人)は、米国Redlake(レッドレイク)製冷却型超高精細1600万画素CCDデジタルカメラ「MegaPlus II (メガプラス2)EC16000」の販売を平成19年1月10日より開始いたします。本製品はハイエンド工業用デジタルカメラとして定評のあるRedlake社製MegaPlus IIシリーズの中で最もハイエンドに位置づけられるフラッグシップ・モデルとなります。コンパクトなボディーに超高精細1600万画素の大型CCDと、ペルチェ冷却機構を装備し、低ノイズ・ワイドダイナミックレンジを実現。特に、液晶ディスプレイやプラズマディスプレイなど、近年益々大型化・高画素化が進むFPD(フラットパネルディスプレイ)の製造・出荷検査に大きなメリットが期待でき、高品質化するディスプレイ業界のニーズに応えた製品となっています。
「MegaPlus II( メガプラス2) EC16000」の価格は298万円(ヘッド+コントローラー:税込)から。

■ハイエンド仕様ながら、クラス最小のコンパクトカメラヘッドを実現

 「MegaPlus II(メガプラス2)EC16000」は1600 万画素の大型CCDとペルチェ冷却機構を採用したにもかかわらず、現行のEC11000と同等の外形寸法に収めることに成功し、業界最小のコンパクトサイズを実現。検査システム内に収める場合や複数台のカメラを組み込む場合、また現場に設置する場合など、そのコンパクトなサイズにより、設置の可能性を大幅に広げています。
ペルチェ冷却によりCCD が本来持っているダークノイズレベルを大幅に減少させ、微少レベルの光に対する分解能を大きく向上させることに成功。センサーの温度コントロールにより出力の安定性を向上させることができ、FPD 画像のシャドウ部における僅かなムラも安定して検出することが可能となります。また、カメラの電子回路部とセンサーの放熱経路を明確に分離し、効率的また安定した冷却性能を確保。ペルチェ冷却とクーリングファンの併用も可能です(ファンの振動を嫌う場合はペルチェ冷却のみも選択できます)。

■クラス最高レベルの仕様により、FPDの出荷検査やあらゆるハイエンドニーズに対応

 低ノイズ・ワイドダイナミックレンジを持つ冷却型超高精細1600万画素CCDカメラ「MegaPlus II (メガプラス2) EC16000」は、液晶テレビ、プラズマテレビなど、大型化・高品質化が進むFPD(フラットパネルディスレイ)の製造検査、ハイエンドマシンビジョン・医療機器・リモートセンシング・顕微鏡・眼底カメラ・画像計測・ドキュメント記録・PIVなど、あらゆる分野のハイエンドニーズに最適な製品となっています。


■「MegaPlus II EC16000」の主な特徴
●解像度 : 4872 × 3248ピクセル( カラーまたはモノクロ)
●冷却 : ペルチェ方式、ファン(オプション)併用の場合、環境温度-12 ℃ �
●最大フレームレート : カメラリンク : 3.2フレーム/秒(fps)
: IEEE1394a : 1.6フレーム/秒(fps)
●ビット深度 : 8、10あるいは12 ビット
●ビニング機能 : 2×2、3×3、4×4

■「MegaPlus II EC16000」の基本仕様
●センサーデバイス : KAI-16000 インターラインCCD カラー/モノクロ
●読み出し方式 : インターライン、プログレッシブ スキャン
●ピクセルサイズ : 7.4μm×7.4μm
●イメージャーサイズ : 43.3mm(対角線長)
●受光エリア : 水平36mm×垂直24mm
●飽和電子容量 : 30000エレクトロン
●ダイナミックレンジ : 60dB
●リードアウトノイズ : 30electrons
●カメラヘッド出力ポート : 1(コントローラ用)
●インターフェース(ヘッド、コントローラ) : デジタル(専用:コントローラ-カメラヘッド)
●カメラリンク出力ポート : 2-ベース、ミディアム、デュアルベース
●シャッター : 電子シャッター
●アンチブルーミング機能 : 有り
●最大フレームレート(2×2ビニング時) : 6.8フレーム/秒(@30MHz)、6.8フレーム/秒(@38MHz)
●最大フレームレート(3×3ビニング時) : 7.5フレーム/秒(@30MHz)、9.6フレーム/秒(@38MHz)
●最大フレームレート(4×4ビニング時) : 9フレーム/秒(@30MHz)、11.7フレーム/秒(@38MHz)
●ゲイン設定 : 0 - 36dB
●冷却方式 : ペルチェ冷却
●冷却能力(ファンなし) : 周囲温度-5℃( 0 - 40 ℃)
●冷却能力(ファンあり) : 周囲温度-12℃( 0 - 40 ℃)
●暗電流倍増温度 : 7℃毎
●レンズマウント : Fマウント
●カメラヘッド外形寸法 : Fマウント:123.82(L)×90.09(D)×98.42(H)mm
●カメラヘッド重量 : 920g
●動作温度 : 0 - 40 ℃
●耐振動性 : 3G(10 ~500Hz)
●耐衝撃性 : 5G
●消費電力 : 15W
●安全規格 : FCC パ ート15 ClassA 、CE

■価格
本体価格: 298万円~(カメラヘッド+コントローラ:税込)


■ローパーグループについて:
ローパー インダストリーズ社(ニューヨーク証券市場上場会社)は、グループ総売上1,100億円、総従業員数2,500名を有する、産業分野での画像機器のリーディングカンパニーとして知られ、その傘下に「MegaPlus II シリーズ」の製造メーカーであるRedLake(レッドレイク)MASD社があります。RedLake MASD社は、Roper Scientific MASD社(旧イーストマンコダック社のMASD部門)とRedLake Imaging社が、平成13年3月1日に統合し誕生した、高性能デジタル高速度カメラシステム及び高解像度CCDカメラの名門メーカーです。ローパーグループには、その他にも、Princeton Instruments社(高解像度・高階調CCDカメラ)、ガタン社(顕微鏡用CCDカメラ)といった画像機器分野の有名メーカーがあります。株式会社日本ローパーは、ローパーグループの日本法人として、ますます充実した製品群とサポート体制を整え、全製品のマーケティング、販売、サポートを行っております。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社