お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ソフトバンク社製 X01HT、ドコモ社製 hTcZ用のSIPソフトフォンを発表

ソフトフォンを開発している株式会社ageet(本社:京都府向日市 代表取締役社長:岡崎 昌人・以下、ageet)はSIPに準拠したソフトフォン、「エイジフォン for Windows Mobile 5.0」 ベータ版を11月2日より提供開始します。

エイジフォン for Windows Mobile 5.0 では先日発売されたX01HTやhTcZなどのスマートフォンにも正式対応しており、弊社WEBサイト(ageet.com)よりソフトウェアをダウンロードしてお使いいただけます。現在ベータ版で毎通話1分間の制限つきで無料利用が可能で、正式版は11月末に3980円で販売を予定しています。

ソフトフォンの機能としてはPC版エイジフォンと同等の通話機能を実現し端末の特徴である縦画面、横画面の両画面に対応しています。横画面時には画面の半分をオリジナルのアドレス帳や履歴を表示することができ、Outlookの連絡先と連携することが可能です。(図1)

また、エイジフォン for Windows Mobile 5.0 に搭載している小型かつ高性能を特徴とするSIP/VoIPのコアエンジンAGEET SIP Stackを外部アプリケーションが利用可能なSDKとして販売を開始いたします。

このプレスリリースの付帯情報

(図1)

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

エイジフォンについて
エイジフォンはパソコンやスマートフォンで電話を受けたり、かけたりできるIP電話ソフトウェアです。独自のSIPパケット処理プログラムにより、小型で軽量な動作が可能です。(特願:2005-193405)
URL : リンク

株式会社ageetについて
株式会社ageetは、高性能で、非常に小さく軽く動作するSIP・VoIPスタックを開発しています。
URL : リンク
本社所在地 :京都府向日市寺戸町山縄手2-64
代表者 :代表取締役 岡崎 昌人
設立年月 :2005年 7月
資本金 :18,000,000円

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社