お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

HCNA(HPNA3.0 over Coax)にて既設建物のネットワーク構築が容易に

病院、アパート、ホテル、学校向けに既存の同軸ケーブルを用いてLAN構築ができるHCNAシステムの販売を開始。

伊藤忠ケーブルシステム株式会社
2006/10/27 10:00

最大転送速度は128Mbps!!

伊藤忠ケーブルシステム株式会社(本社:東京都港区、社長:武田喜男)は、既設のテレビ同軸ケーブルを利用してインターネットに接続できるシステムの販売を開始した。販売するシステムは戸建て向けのホームネットワークと病院、ホテル、アパート、マンション向けの集合住宅ネットワークの2つのタイプで、商品名は「HomePNA3.0 over Coax HCNA CET-330とCEM336」。通信速度は、データ転送部分が最大で128Mbpsと、ADSLより高速。戸建て向けとして、大手FTTH通信キャリアのトリプルプレー(映像、インターネット、電話)サービスのソリューションとして、導入を提案する。病院向けでは、既設の同軸ケーブルを利用してインターネットの接続環境を整えることができる。また、採算の問題からFTTHの導入が進んでいない中小規模の集合住宅向けでは、VDSLに替わるソリューションとしての展開を見込む。価格は親機28,000円、子機18,000円程度で、1:Nの構成で利用できる。テレビ信号とインターネットを重畳するには、これまで大規模なセンター装置を必要としていたが、安価な対向モデムにてシステムの構築を実現することが特徴。

病院でのLAN構築はこれまで大変困難でしたが、各病床に敷設されているテレビ同軸ケーブルにてLAN構築が可能になります。アパートでは安価で高速なインターネット接続サービスを提供することが可能になります。ホテルでのVODサービスにはHCNAネットワークが最適です。理由は、ホテルで提供中のインターネット接続にVODサービスを相乗りさせることで発生する障害切り分けの煩雑さや、電話線を用いるVDSL端末とTVが離れているために客室内での配線が発生してしまいます。HCNAはテレビ線を用いるのでテレビ端子にHCNA端末を接続しSTB経由でスムーズな配線でVODサービスを提供することが可能になります。

このプレスリリースの付帯情報

HCNAネットワーク

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

「HCNAとは」
HCNAはHPNA3.0 over Coax の略称で、P(Phone:電話線)をC(Coax:同軸)に置き換えたものです。同軸ケーブルを使ったHPNA3.0の伝送を指しております。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社