お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ソフィア・クレイドル、携帯Javaアプリ圧縮ツール 「ソフィア・コンプレス」をリリースアップ

~ロジック共有化機能と独自プリベリファイヤの搭載により、圧縮率が従来比 5 % アップ ~

携帯電話向けソフト開発の株式会社ソフィア・クレイドルは、 2006 年 7 月 25 日から、携帯Java アプリ圧縮ツールSophiaCompress(Java) 4.2 の出荷を開始します。本バージョンはプログラムのロジック部分の共有機能と独自プリベリファイヤが搭載され、圧縮率は従来のバージョンと比較して最大 5 % 向上しました。

[概要]

携帯電話向けソフト開発の株式会社ソフィア・クレイドル(本社:京都市、代表取締役社長:杉山和徳、以下 ソフィア・クレイドル)は、 2006 年 7 月 25 日から、携帯Java アプリ圧縮ツールSophiaCompress(Java) 4.2【※1】の出荷を開始します。本バージョンはプログラムのロジック【※2】部分の共有機能と独自プリベリファイヤ【※3】が搭載され、圧縮率は従来のバージョンと比較して最大 5 % 向上しました。


[詳細]

ソフィア・クレイドルは、携帯Java アプリ圧縮ツール SophiaCompress(Java) を 4.2 にリリースアップし、2006年7月25日より出荷を開始します。

今回のリリースアップの特長は、他の携帯 Java 圧縮ツールでは類を見ない、プログラム内のロジック共有化機能と、サイズ最適化を目的とした独自プリベリファイヤが搭載された点にあります。

ロジック共有化機能は、プログラムで 2 回以上出現する if 文のコンパイル後コードが共有可能であることに着目して実現されました。ロジック共有化機能により、不要になったロジックに付随するスタックマップ【※4】に格納された情報も削除されるので、アプリサイズは一層小さくなります。

独自プリベリファイヤは、携帯 Java アプリ開発環境に標準搭載されるプリベリファイヤよりも、付加されるスタックマップ情報が少なくなるように実装されています。

これらの新機能搭載により、圧縮率は従来のバージョンと比較して、最大 5 % 向上しました。

SophiaCompress(Java) 4.2 の主な拡張機能:

 1. ロジック 共有化機能
 2. 独自プリベリファイヤ搭載
 3. switch 文を if 文に変更する機能
 4. ユーザーインターフェースの改良


なお、下記 URLにて、2006 年 7 月 25 日から、本製品の無料評価版のお申し込みを受け付けます。本製品の価格は 1 ライセンス 30 万円(税抜)から。

SophiaCompress(Java) 4.2 無料評価版お申し込み受付 URL : リンク

SophiaCompress(Java) 製品概要 URL : リンク

本プレスリリース URL : リンク

以上

■会社の説明

社名 : 株式会社 ソフィア・クレイドル
代表者: 代表取締役社長 杉山和徳
設立日: 2002 年 2 月 22 日
所在地: 京都市左京区田中関田町 2 番地 7
資本金: 2645 万円
事業内容: モバイルインターネットに関する:
1.ソフトウェア基礎技術の研究開発
2.ソフトウェア製品の製造及び販売
3.システム企画及びインテグレーション
ホームページ: リンク

■本件に関するお問合せ先

株式会社ソフィア・クレイドル
マーケティングセンター 長谷川なつこ
Tel. 075-754-5155 Fax. 075-754-5156

用語解説

【※1】SophiaCompress(Java)
読み方:ソフィア・コンプレス・ジャバ
ソフィア・クレイドルが 2002 年 7 月に発表した、世界の携帯Java 仕様に対応した携帯電話専用の Java アプリ圧縮技術。コンパイル後の JAR 形式 Java アプリをそのまま圧縮し、実行できる携帯Java 専用アプリ圧縮ツール。大手コンテンツプロバイダや大手ゲームメーカー、大手システムインテグレータなどを中心に多数の導入実績があり、事実上の業界標準 Java アプリ圧縮ツールとなっている。

【※2】ロジック
ロジックとは、アプリの処理手順を記した部分である。

【※3】プリベリファイヤ
携帯 Javaアプリは 携帯電話で安全に実行できるかどうかを実行時ではなくコンパイル時に、プリベリファイヤと呼ばれるツールによって検証される仕様になっている。プリベリファイヤにより、アプリは安全に実行できるものの、スタックマップと呼ばれる情報がアプリ本体に付加されるため、サイズ肥大化の一因になっている。

【※4】スタックマップ
スタックマップとは、プリベリファイヤにより付加されるスタック上の値やローカル変数の型を保持する領域である。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社