お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

エンプレックスの統合CRMパッケージ「eMplex CRM」が、 オラクルの暗号化技術への対応により顧客情報保護を強化

~CRMパッケージ初の「Oracle Advanced Security Option」対応で 個人情報漏洩のリスクを低減~

エンプレックス株式会社 日本オラクル株式会社
2006/06/26 15:00

エンプレックスのCRMパッケージ「eMplex CRM」http://www.emplex.jp/products/index.htmlが、日本オラクルの暗号化技術「Oracle Advanced Security Option」への対応により、顧客情報保護を強化することを発表いたします。

エンプレックス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:沢登 秀明、以下エンプレックス)と日本オラクル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:新宅 正明、以下日本オラクル)は、エンプレックスのCRMパッケージ「eMplex CRM」が、日本オラクルの暗号化技術、「Oracle Advanced Security Option」への対応により、顧客情報保護を強化することを発表いたします。

企業のCRMパッケージの利用が急速に進む中、そこで活用される顧客情報の漏洩対策に関心が集まっています。また内部統制強化の観点からも企業の顧客情報が漏洩してしまうリスクを排除する必要がでてきています。  

エンプレックスは、CRMパッケージ利用企業の顧客情報漏洩対策ニーズにいち早く対応するため、「eMplex CRM」に「Oracle Database Advanced Security Option」の透過的暗号化機能(Transparent Data Encryption)を、CRMパッケージとして初めて採用しました。「eMplex CRM」のオプション機能として提供される暗号化スクリプトを実行することで、データベース内の顧客情報の暗号化が可能となります。エンプレックスは、今後「eMplex CRM」を「Oracle Database」のオプションである「Oracle Real Applications Clusters」にも対応させる予定です。

「Oracle Database 10g Enterprise Edition」および「Oracle Advanced Security Option」と「eMplex CRM 」のソリューションは、政府が2006年4月1日よりスタートしている「情報基盤強化税制」(より高度情報セキュリティが確保されたシステム導入の推進と情報基盤強化のための制度)に対応しているため、一定の条件の下で購入費用が減税対象になります(注)。

(注)全ての導入ケースにおいて減税対象となることを、エンプレックス又は日本オラクルがお客様に保証するものではありません。

両社は今後、セキュリティを実現し、かつCRMパッケージとしてのニーズを適切に満たしている「eMplex CRM」の販売促進活動を実施します。 
その第一段として、6月28日より開始される「情報セキュリティExpo/データウェアハウス&CRM Expo」 に出展し、それぞれの製品の展示を実施します。

■ 「eMplex CRM」について
「eMplex CRM」シリーズは、ECサイト、Web、コールセンター、営業活動などあらゆるチャネルにおいて企業とお客様との「関係」を最適化する統合型CRMパッケージです。「eMplex CRM」シリーズには、マーケティング志向、国内CRM市場特性との親和性及びマニュアルレスに着目した開発コンセプト、機能ごとのモジュール提供とモジュール間の強力な連携による段階的拡張の実現といった特長があります。
小規模サイトから大手企業まで、旅行業、アパレル、地方自治体、不動産、金融機関などあらゆる業界、またBtoB、BtoCの双方に対応する「eMplex CRM」シリーズは、230以上の導入実績があり、マーケティング戦略に具体的な数字としての結果につながるCRM活動に貢献しています。

■「Oracle Database Advanced Security Option」について
「Oracle Database Enterprise Edition」のオプションの一つで、パフォーマンス劣化を最小限に抑え、かつアプリケーションの変更なく格納データの暗号化を実施します。また通信データの暗号化やバックアップデータの暗号化機能も提供します。 

■「Oracle Real Application Clusters」について
世界で圧倒的なシェアを誇るオラクルのデータベース管理ソフトの「キャッシュフュージョン」アーキテクチャーに基づく新しいデータベース・クラスタリング機能です。従来のデータベース・クラスタリング機能では、ノード数の増加に従ってノードあたりの性能に劣化が生じていましたが、この新機能によりノード数の増加に対して正比例した性能を確保することができます。「Oracle Real Application Clusters」によるノードの追加は単にシステム全体の性能向上をもたらすだけではなく、単一もしくは複数のノードの障害が発生しても、残りのノードで運用が継続できることで信頼性の向上をもたらします。

■情報基盤強化税制詳細 リンク
■情報セキュリティEXPO詳細 リンク
■データウェアハウス&CRM EXPO リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
エンプレックス株式会社 広報室 清水
電話:03-5568-7331 FAX:03-5568-7270 E-Mail:info@emplex.co.jp

日本オラクル株式会社 広報部 野見山
電話:03-6238-8395 FAX:03-5213-6990 E-Mail:Yuko.Nomiyama@oracle.com

※記載されている会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。
Oracleは、Oracle Corporationの登録商標です。その他のブランドまたは製品は、それぞれを保有する各社の商標または登録商標です。

関連情報
http://www.emplex.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社