お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

三井物産株式会社、A10 Networks, Inc.と総代理店契約を締結 内部統制時代の個人ID/アクセス管理ソリューション 「IDSentrie(TM) 1000」を販売開始

三井物産株式会社は(以下:三井物産、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:槍田 松瑩)はA10 Networks, Inc.(以下A10 Networks、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、CEO Lee Chen)と国内総代理店契約を締結したことを発表致します。

三井物産は、A10 Networksとの国内総代理店契約締結に伴い、2006年4月21日よりA10 Networks社が提供する「IDSentrie 1000」の販売を開始します。三井物産は同社子会社、物産ネットワークス株式会社(以下:物産ネットワークス、本社:東京都港区、代表取締役社長:木内 一貴)を通じて同社製品の販売、サポートを行っていきます。

2005年4月に施行された個人情報保護法、そして、早ければ2008年3月期から施行される「日本版SOX法 (日本版企業改革法)」など、企業の不正外部アクセス対策強化、内部統制へのニーズは日々高まっています。これに伴い、システム内に散在する個人ID情報の管理・統合や、アクセスログ解析などによって、不正や誤りを防ぎ、尚かつそれらが発生していないことを証明できる仕組み作りは、企業にとって早急に対応すべき課題となっています。
「IDSentrie 1000」は、情報システムを使用するユーザーの個人ID情報の統合、一括管理を行い、ユーザーのシステムアクセス状況、ネットワーク利用状況を監視・記録できる、世界で初めてのアプライアンス型セキュリティ製品です。これにより企業内部統制上重要となる、情報システム利用ポリシーの徹底と利用状況の監視・記録が可能となります。
セキュリティの高い情報システムにおいては、不正アクセスを防止しつつ、情報システムに接続しようとするユーザーはそれぞれのシステムごとに個別に正しく認証されなくてはなりません。「IDSentrie 1000」は、その認証機能により柔軟な認証ポリシー設定、認証ポリシーの一括管理を可能とし、強固な認証環境を提供します。また、個人ID情報の統合管理機能により、複数の異なるシステムに分散する個人ID情報を統合し、登録・削除・編集などの操作を一元的に行うことにより情報システムへの不正アクセスを防止します。そして最後にIDSentrie 1000独自のログ解析機能により、個人ID情報に基づくシステムアクセスログ・ネットワーク活動ログの履歴管理、並びにレポートの自動作成を可能とし、これを認証機能、個人ID情報統合管理機能と組み合わせることで、透明性の高い、セキュアな情報システムを実現します。
これら機能は「IDSentrie 1000」の専用ハードウェアに標準搭載されておりますので、従来のソフトウェア製品と比べて大幅に安価な上、既存システムの大幅な変更を必要としないため素早く導入いただけます。日本語にも対応しており、中小企業から大規模企業に至るまでどなたでも非常に簡単にお使いいただける製品です。

「IDSentrie 1000」はオープンプライスです(国内参考価格1台350万円)。今後物産ネットワークスは、企業や官公庁、教育機関などに対して、販売代理店各社を通じ、積極的なプロモーション活動を展開していきます。物産ネットワークスでは、今後発表されるA10 Networksの次世代製品も含めて、3年間で30億円の売り上げを目指しています。

▽販売価格
オープンプライス(参考価格350万円(税別))
▽出荷開始日
  2006年4月21日

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社