お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ウイングアーク、標準技術(XML)を採用した次世代帳票作成「SVFX-Designer」のトレーニングプログラムを開始

Form & Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(以下、ウイングアーク テクノロジーズ、本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 内野弘幸)は、昨年12月に出荷開始した、次世代帳票開発ツール「SVFX-Designer」の定期トレーニングコースを、きたる4月19日より開催することになりましたので、お知らせいたします。

「SVFX-Designer」は標準技術(XML)に対応した次世代帳票開発ツールです。上位のアプリケーションやOS、固有のプリンタに依存することなく自由度の高い帳票が作成でき、全社間だけでなく企業間において共通して帳票運用を行う環境構築を実現することができます。ウイングアーク テクノロジーズでは、企業システムにおいて注目されるSOAの考え方にあわせて、昨年より“帳票SOA”というコンセプトのもと、ユーザ企業様が運用する帳票システムの生産性と資産を継承しつつ、SOAの進化に沿うかたちで全社帳票機能を「帳票サービス」として提供する環境を提供してまいりました。業種業態を問わず多くの企業様に導入いただいている帳票開発ツール「Super Visual Formade」(以下、SVF)の特長である日本固有のきめ細やかな帳票要件に応える機能を進化させた次世代版「SVFX-Designer」では、標準技術を採用しノンプログラミングで開発生産性を大幅に向上させることができます。2005年12月8日の製品出荷より、「SVFX-Designer」は着実に成長を続け、このたび導入頂いた企業様に向けて、円滑な早期システム運用のためにトレーニングコースを開始することになりました。

ウイングアーク テクノロジーズは、今後も帳票機能を一つのサービスとして捉え「柔軟性/即応性/拡張性/再利用性」をもつ帳票運用の共通化をすすめ、“帳票SOA”を推進してまいります。また日本版SOX法における「ITへの対応」に備えるため、業務データの最終的なアウトプット手段となる帳票データの信憑性を確保し、内部統制に対応する製品を順次提供してまいります。

「SVFX-Designer」トレーニングの開催概要は以下のとおりです。
[トレーニング概要]
◆SVFX-Designer帳票設計コース◆
【開催スケジュール】毎月第三水曜日10:00~15:00
【会場】ウイングアーク テクノロジーズ株式会社

【受講料】
[定期開催(渋谷)SVFX-Designer帳票設計コース ]
30,000円(1名様)
[オンデマンド※(渋谷)SVFX-Designer帳票設計コース ]
120,000円(5名様) ※追加1名+20,000円
[オンサイト※(出張)SVFX-Designer帳票設計コース ]
150,000円(5名様) ※追加1名+20,000円

【メニュー内容】
・これからSVFX-Designerを使用して帳票開発をおこなう方のためのコースです。
<固定帳票の作成>(印字位置固定の帳票)
・ページの基本設定
・フィールドの作成と編集
・罫線の作成と編集
・固定文字の作成と編集
・テスト印刷の実行
<一覧表形式の作成>(印字位置可変の帳票)
・サブフォームの作成
・レコードの作成
・リンクサブフォームの設定
・キーブレイクの設定
・テスト印刷の実行
<グラフィック帳票作成>(グラフィックモード使用)
・色設定(パレット追加)
・図形オブジェクトの設定
・レイヤー機能
・属性変更の設定
・テスト印刷の実行

◆SVFX-Designer帳票設計+Javaコース◆
【開催スケジュール】 毎月第三水曜日10:00~17:30
【会場】ウイングアーク テクノロジーズ株式会社

【受講料】
[定期開催(渋谷)SVFX-Designer帳票設計+Javaコース ]
45,000円(1名様)
[オンデマンド※(渋谷)SVFX-Designer帳票設計+Javaコース ]
180,000円(5名様) ※追加1名+30,000円
[オンサイト※(出張)SVFX-Designer帳票設計+Javaコース ]
200,000円(5名様) ※追加1名+30,000円

【メニュー内容】
・SVFX-Designer帳票設計コースとともに製品の設定やJavaによるプログラムの流れについてご説明いたします。
<SVFX-Designer帳票設計>
・SVFX-Designer帳票設計コースの内容と同一の内容
<Javaプログラムを使用した印刷実行>
・VFクエリーのご紹介
・環境設定(プリンタの作成)
・Javaのプログラムを追いながらSVFの関数について説明(タイムテーブル)
  -繰り返し帳票(データをMDBから取得しLoopでセット)
  -可変型の帳票(データをMDBから取得しLoopでセット)
  -クエリーを使用した場合 サーブレットのサンプル
・デバッグ/環境変数について

※オンデマンド、オンサイトはお客様の日程に合わせた随時開催となります。
 開催には、会場と講師の日程調整が必要となります。

なお、トレーニング詳細、お問い合わせについては下記URLをご参照ください。
 リンク

[Form & Dataのウイングアーク テクノロジーズについて]
帳票・レポート・ドキュメントの分野で、システムの「データ」と業務用途に合わせた「フォーム」を使い、より見やすくわかりやすい形にする技術、それが「フォーム&データ」です。ウイングアーク テクノロジーズは、企業の情報システム部門や大手SI企業が取り組む業務アプリケーション開発の効率化を目指し、お客様の要件に合わせてソフトウエア部品を繋ぐ・組み合わせることで、システム開発の現場に効率と運用負荷の軽減をはかり、業務の現場に生産性の向上と業務改善をもたらす価値あるソフトウエアを提供しています。

[会社概要]
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2004年3月
資本金:1億円
売上高:51億円(2005年2月期)
従業員数:140名(2005年10月現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。
URL:リンク
※本リリースに掲載する社名または製品名は、商標または登録商標です。

<<本トレーニングに関するお問合せ先>>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー10F
TEL:03-5766-2833  FAX:03-5766-2835  E-mail:tsales@wingarc.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社