お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ネクシオン株式会社との資本提携に関するお知らせ

 日立電線株式会社はこのたび、ネクシオン株式会社(以下、「ネクシオン」といいます。)が実施予定の第三者割当増資の一部を引き受けることといたしました。これに伴い、映像伝送サービス等を手がけるネクシオンの光ファイバネットワーク構築におけるシステム設計や製品供給等で関係強化を図ることにいたしましたのでお知らせいたします。

1.資本提携の理由

 近年、地上波デジタル放送の開始やインターネットによるIP放送の開始にともない、放送事業者やインターネットサービスプロバイダ(以下、「ISP」といいます。)等への光ファイバネットワークによる映像伝送サービスの需要が増加しています。
 ネクシオンは2000年に設立され、映像伝送サービス、映像ハブ機能サービス、映像ソリューション・プラットフォーム提供サービスを行っています。具体的には、各種スタジアムやイベント会場、スタジオ等を、国際海底ケーブルや国内バックボーン幹線等の光ファイバネットワークで接続し、放送事業者やISPに対してハイビジョン映像を含む高品位な映像データの提供を行っています。
 一方当社では、データ伝送系を中心とし、Apresia*1 シリーズをはじめとするイーサネット*2 スイッチやイーサネット長距離伝送装置等のネットワーク機器の販売やシステムインテグレーション事業を行っております。これまでに通信キャリアの広域イーサネット網のバックボーンや、ISP等のデータセンタ間ネットワーク、企業、大学等の構内ネットワーク等の構築を手がけてまいりましたが、映像伝送サービスの分野に対してはあまり実績がありませんでした。

 そこでこのたび当社では、ネクシオンが計画している第三者割当増資の一部を当社が引き受けることにより、ネクシオンの光ファイバネットワーク構築に関するシステム設計や製品供給等で関係強化を図ることといたしました。
 今後当社とネクシオンは、当社の高速、大容量、高品質のデータ伝送装置やネットワークインテグレーション技術を、映像伝送の分野において実績のあるネクシオンの光ファイバネットワークと融合させ、需要拡大が見込まれる光ファイバによる映像伝送サービスのさらなる発展を目指すとともに、当社では従来手掛けていなかったIP放送分野に対しネットワーク機器の拡販を図ってまいります。

2.資本提携の内容

 当社は、下記の通り、ネクシオンが計画している第三者割当増資の一部を引き受けます。

(1)新株発行日   平成18年5月中
(2)当社引受株数  50,000株
(3)発行株価    1株につき2,000円
(4)当社引受額   100百万円
(5)増資後の状況  1,045,340株、当社持株比率 4.78%

3.ネクシオン株式会社の概要

(1)名称      ネクシオン株式会社
(2)主な事業内容  映像伝送サービス、映像ハブ機能サービス、映像ソリューション・プラットフォーム提供サービス
(3)設立年月日   2000年11月
(4)所在地     東京都中央区日本橋3-12-2
(5)代表者     代表取締役社長 上原 文夫 氏
(6)資本金     310百万円 (2006年3月末日現在)
(7)従業員数    50人
(8)主要株主    住信インベストメント       29.50%
         ニューフロンティアパートナーズ  17.36%
         新規事業投資株式会社        8.68%
         株式会社ニッシン  8.68%
         オリックスキャピタル  8.68%
         丸紅株式会社  8.37%
         役員・従業員  8.83%
         (2006年3月末日現在)
(9)当社との関係  資本的関係・人的関係はございません。

用語解説

*1 Apresiaは、日立電線株式会社の登録商標です。
*2 イーサネットは、富士ゼロックス株式会社の登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社