お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

急増する 中国語学習者に対応  ポッドキャストで学習支援情報 4月11日から放送開始

株式会社フーシャンメディア・ジャパン
2006/04/11 00:00

チャイナコンテンツ企画制作の株式会社フーシャンメディア・ジャパン(横浜市中区元浜町3-21-2/代表取締役 橋本竜男)は、中国語学習者を対象とし、学習環境を整えるために役立つ情報をインターネットのラジオ配信機能ポッドキャストで情報提供開始することを発表する。
放送局名は「中国語熱烈放送局」(http://voiceblog.jp/chs/)。放送開始日は2006年4月11日。

【日本における中国語学習者の規模】
2005年末現在、国内の中国語学習者は約200万人と推定されている(註1)。この数は毎年10%ほどの率で伸びており、今後北京オリンピックや上海万博開催に向かって一層中国語学習熱が高まると予想される。

【中国語学習の現状】
増える中国語学習者に対応するため、学習教材や、中国語を学べる専門学校も急増している。しかし、英語学習ほど、教育指導者の数、教育指導のメソッド、教材選択のノウハウが行き渡っていないのが現状で、そのため学習者のほとんどが初級者レベルにとどまり、理解を深める環境にないのが実情である。
 ポッドキャストで、中国語初級者向け会話学習用放送が提供されはじめているが、中国語学習環境整備や学習意欲向上を目指した内容の放送はまだされていない。

【学習支援「中国語熱烈放送局」視聴のメリット】
 教材や専門学校など、中国語を学習する際の環境を選択する際に役立つ情報を得ることができる。
例として、中国語学習に人気の電子辞書をあげてみる。電子辞書は複数のメーカーから販売されているが、購入の際店員に質問しても機器の特徴しか返ってこず、学習目的やレベルにあった辞書選択のための情報は得られない。しかし「中国語熱烈放送局」では、中国語学習の面から機器開発の狙いや、開発裏話を得ることができ、学習者に最適な電子辞書を選択する指針を得ることができる。その他、学習教材や、語学学校選択にも同じ。

【株式会社フーシャンメディア・ジャパンの概要】
◆事業内容:チャイナコンテンツ企画制作/中国語学習ソフトの企画、開発、販売/マルチメディアソフトの企画、開発、販売 ◆設立:2002年7月 ◆代表取締役社長:橋本 竜男 ◆資本金:1000万円 
◆関連会社:上海浮山媒体有限公司(Shanghai Fushan Media Co., Ltd. )
◆会社URL⇒⇒⇒ リンク
◆「中国語熱烈放送局」が視聴できるURL ⇒⇒⇒ リンク


参考資料
(註1)
日中通信社資料ならびに中国語学習者向け雑誌の販売状況などから推定した、自社調査数です。

【「中国語 熱烈放送局」概要】
・ 1話あたりの放送時間15分程度
・ 1週間につき1話づつ新番組を追加
・ 視聴料は無料
・ 視聴者は「中国語熱烈放送局」にアクセスしWeb上で視聴する。または、携帯MP3プレーヤーへの配信も可能。
◆「中国語熱烈放送局」が視聴できるURL ⇒⇒⇒ リンク

【「中国語熱烈放送局」今後の展開予定】
 中国のポップス歌手や有名俳優と中国語を交えたインタビューを配信し、中国語学習の動機付けを高める文化紹介を行ってゆく予定。

【参考写真】
「中国語 熱烈放送局」Web頁のイメージ

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社