お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ビジネス向けの無線位置確認サービスは2010年までに加入者100万人

米国調査会社インスタット社では、米国のLBS (Location-Based Services) ビジネス市場は、主にセルラーオペレータによって、58万2000台から2010年までに110万台にまで加入デバイス数を伸ばすと米国の調査会社インスタット社では予測している。

米国のLBS(Location-Based Services)ビジネス市場は、主にセルラーオペレータによって、58万2000台から2010年までに110万台にまで加入デバイス数を伸ばすだろうと米国の調査会社インスタット社は報告する。位置情報によって可能となった企業向けアプリケーションは、小さいながらもモバイルITアプリケーション市場の重要な要素である。この技術のアプリケーションには、フリートマネジメント/配送、従業員、販売員管理、さまざまな公共分野の位置確認アプリケーションがある。

「ハンドセットを使用する企業の位置情報アプリケーションの市場予測は、キャリアとアプリケーションベンダが、如何に市場を整理し、販売し、料金徴収において提携を図るかにかかっている。さらに、位置サービス機能のある携帯端末は、キャリアによるマーケティングや投資の決定を行う上で重要な要因である」と、インスタット社のアナリストAllyn Hall氏は言う。

インスタット社の調査結果を以下にあげる。

◆ 最も大きい市場は、車両の位置を調べる従来のブラックボックスアプリケーションである
◆ A-GPS(Assisted-Global Position System)チップセットを搭載した携帯電話が新しく登場した
◆ 2005年半ばまで、JavaとGPSデータ対応の携帯端末を提供していたのはNextelだけだった

インスタット社の調査レポート「大企業向け位置確認サービス - Location-Enabled Services in the Enterprise」は、米国企業向けの無線位置確認アプリケーションの市場を調査している。企業向けの無線位置確認アプリケーションの携帯端末への移行に注目し、2010年までの強気/弱気の加入者数の予測と、キャリアのサービス戦略の分析、適用が考えられる市場、技術の進化の評価を提供している。

アジア太平洋地域のLBS市場に関しては、調査レポート「アジア太平洋地域の位置情報サービス (LBS) 調査 - Location-Based Services in Asia/Pacific」に詳述している。

この調査レポートは、米国のビジネス市場における携帯電話/無線サービスをわかりやすく紹介するインスタット社のMobile Business Serviceサービスの一環である。タイムリーで確実な戦略的傾向の分析と、最新の技術情報、規制環境、エンドユーザーの選択、企業の購入パターンを詳述し、米国の無線データ市場と、基本的および垂直市場に特徴的なサービスについて分析している。調査対象は、メッセージング、携帯メール、遠隔接続とデータ接続、PIM、WLAN、位置情報サービス、無線テレメトリなどである。音声/データサービスに対する支出のダイナミックデータファイルを垂直市場ごと、企業規模ごとに提供する。

調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
大企業向け位置確認サービス
Location-Enabled Services in the Enterprise
リンク

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社