お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

2009年までに中国での出荷数が30億に迫るRFIDタグ

中国では2005年に1億以上のRFIDタグを出荷し、2009年には29億を超えると米国の調査会社インスタット社では予測している。中国では2005年から2009年の間に2回目の身分証明書更新が行われ、この更新から個人認証IDが採用されるため、身分証明書が主要なRFIDアプリケーションとなるとインスタット社は報告している。

中国では2005年に1億以上のRFIDタグを出荷し、2009年には29億を超えると予測されており、RFID技術は前代未聞の規模で中国に出現したと米国調査会社インスタット社は報告する。2005年から2009年までは、中国で2回目の身分証明書更新が行われるため、個人認証が主要なRFIDアプリケーションである。

中国の人口は13億人を超えるため、公安局の行うRFIDタグが埋め込まれた身分証明書の発行は、世界一大きいRFIDプロジェクトの1つであり、2008年末までに10億以上の身分証明書が発行されるだろう。

インスタット社の調査レポートは、下記についても述べている。
◆ RFIDタグは住民向けの身分証明書以外にも拡大し、2008年からは小売産業が最大の市場になるだろう
◆ RFID規格の共通化がなされておらず、産業間にまたがるオープンサプライチェーンにとっての障害として残るだろう
◆ RFIDタグの価格は未だやや高く、安値は約0.15USドルから最高200USドル以上である


インスタット社の調査レポート「中国のRFID:個人認証と製品管理 - RFID In China :From Human ID to Product ID」は、中国のRFIDタグ産業の成長を調査している。出荷数、収益、平均販売価格の予測と、アプリケーションと規格の分析をカテゴリ毎に提供する。

この調査レポートはインスタット社の中国半導体&製造業調査の一環で、3Gモバイルデバイス&インフラ、ICカード、家電などの重要なセグメントの半導体消費を予測している。アジア全体の半導体消費についても国毎に調査し、中国のエレクトロニクスメーカーの全体像の評価も行っている。



調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
中国のRFID:個人認証と製品管理
RFID In China - From Human ID to Product ID
リンク

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社