お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

西欧のコネクタ市場は限定的な成長の予測

コネクタ市場の成長は限定的な状態が続き、2009年末までには59億ユーロ程度になると英国リードエレクトロニクスリサーチでは予測している。

2005年の西欧のコネクタ市場の成長は限定的であると、英国調査会社リードエレクトロニクスリサーチ社と米国調査会社インスタット社の調査レポートは述べている。2001-2003年の急落の後、2004年のコネクタ市場はわずかに回復して50億ユーロであったが、2005年は限定的で、西欧での成長は1%未満にとどまるだろう。コネクタサプライヤは、顧客の変化、西欧における生産拠点の移動、価格圧力と戦い続けている。そのため2009年末までは成長は限定的なままで、59億ユーロ程度と予測される。

この調査レポートの他の調査結果:

◆ ドイツはヨーロッパの自動車産業の中で主導的な位置を占めたことから、2004年の西欧コネクタ市場の約35.1%を占めてトップだった。フランスも自動車向けコネクタ販売で大きな利益をあげて12.4%で続き、3位は14.8%でイギリスだった。

◆ 乗用車のエレクトロニクス利用が増加していることと、安定した自動車生産によって、全ヨーロッパの自動車向けコネクタ市場は2000年の27.6%から、現在34.2%にまで増加した

◆ 生産過剰と価格圧力によって、欧州コネクタメーカーの工場は閉鎖したり、コストの安いエリアに工場を集中させたりしており、特に全社が中国に進出している

調査レポート「欧州のコネクタ産業プロフィール - 2009年までの予測 - Profile of the European Connector Industry - Market Prospects to 2009」は、西欧のコネクタ産業の戦略を査定する。


◆調査レポート
欧州のコネクタ産業プロフィール - 2009年までの予測
Profile of the European Connector Industry
Market Prospects to 2009
リンク

◆リードエレクトロニクスリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

西欧のアプリーション別コネクタ市場

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社