お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

全速力でFTTH/FTTNを進めるアジア

米国の調査会社インスタット社の報告によると、FTTP/FTTH (Fiber to the Premise/Home) とFTTN/FTTC/FTTB (Fiber to the Neighborhood/Curb/Building) などの住宅向けのブロードバンド市場において、高度なFTTXの採用が進むなど、アジアの主要5ヶ国での地域のブロードバンド市場が最も速い展開を見せているという。

FTTP/FTTH(Fiber to the Premise/Home)とFTTN/FTTC/FTTB(Fiber to the Neighborhood/Curb/Building)などの住宅向けのブロードバンド市場において、高度なFTTXの採用が進むなど、アジアの主要5ヶ国での地域のブロードバンド市場が最も速い展開を見せていると、米国の調査会社インスタット社は報告する。アジア全体、特に中国とオーストラリア市場では、成長するFTTX市場シェアを求める機器とサービスベンダに非常に大きな市場可能性があると同社は述べている。

「外国企業は、単独でネットワークを確立したり、サービスを提供したりする必要はない。コンテンツ制作会社と付加価値サービスプロバイダは、この市場でFTTX採用を進めているブロードバンドサービスプロバイダと密接に連携したほうが、より高い収益が見込めるだろう」とインスタット社のアナリストVictor Liu氏は語る。

インスタット社の調査レポートは以下についても述べている。

- 中国では、住宅向けのブロードバンドの導入においてはFTTC/N+LANが最も費用対効果に優れた方法である

- 日本は、ますます拡大するVoIPサービスなどの高速ネットワークインフラストラクチャ、データ、マルチメディアアプリケーションを家庭まで配信できる高速ネットワークインフラを構築した

- 韓国のサービスプロバイダは、オンラインゲーム、ビデオオンデマンド、電子商取引がFTTXの帯域幅拡大に伴う収益源とみている

インスタット社の調査レポート「アジア太平洋地域における家庭向けFTTxサービス市場調査 - Asia/Pacific Embraces Residential FTTx Services」は、最も成長しているアジア5ヶ国(オーストラリア、中国、香港、日本、韓国)のFTTP/FTTH (Fiber to the Premise/Home) とFTTN/FTTC/FTTB (Fiber to the Neighborhood/Curb/Building) を調査した。ブロードバンドプロバイダのプロフィールとFTTX戦略、FTTX加入者数、サービス収益を国・地域毎と全体で予測している。


◆調査レポート
アジア太平洋地域における家庭向けFTTxサービス市場調査
Asia/Pacific Embraces Residential FTTx Services
リンク

◆インスタットについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社