お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

電話の世界を変えるブロードバンドIP

世界の通信はVoIPによって大きく変わり始めている。
ブロードバンドIP電話はまだ初期段階にあるが、過去2年間で大きな成長を遂げ、2005年末までに米国での加入者が320万を超えると米国の調査会社インスタット社では予測している。

インスタット社の報告によれば、ブロードバンドIP電話はまだ初期段階にあるが、過去2年間で大きな成長を遂げ、2005年末までに米国での加入者が320万を超えると予測される。世界の通信はVoIPによって大きく変わり始めている。 キャリアと企業は従来の回路交換方式のインフラからVoIPへと徐々に移行している。

「今後のブロードバンドIP電話の成長は、コスト削減と主要サービスの刷新によって促進されていくだろう」とインスタット社のアナリストDavid Lemelin氏は言う。「既に限られた範囲で行われている無線、WiFi、VoIPの統合は、ブロードバンドIP電話の成長に向けての次の大きなステップになる可能性が高い。」

インスタット社の調査結果を以下にあげる。

- 消費者教育、サービスの普及、サービス品質の懸念は依然としてサービスプロバイダにとって大きな課題である。

- 停電やE911の制限による接続の中断も、依然として問題になっている。

- 2004年末、米国で使用されているブロードバンドIP回線は130万を超え、2005年末までに390万に増加するとインスタット社は予測している。

インスタット社の調査レポート「ブロードバンドIP電話 :Getting Louder - Getting Louder: Broadband IP Telephony 」は、米国のブロードバンドIP電話について記載している。この調査レポートでは、5年間のサービス加入者、サービス収益、プロバイダのタイプとアクセス技術別の加入者、市場シェアを予測している。また、通信市場の主要企業のプロファイルとブロードバンドIP電話の戦略を提供している。


◆調査レポート
ブロードバンドIP電話 :Getting Louder
Getting Louder: Broadband IP Telephony
リンク

◆インスタットについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社