お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

2007年に躍進するビジネスゲートウェイ市場

米国の調査会社インスタット社では、マルチサービスビジネスゲートウェイの機器市場は2007年に上昇し始め、サービスプロバイダはユーザの求めに応じて、中小企業とブランチオフィス市場向けビジネスゲートウェイ機器などのバンドルサービスを進化させ、2007年までにサービスの提供が開始されると予測している。

インスタット社の報告によれば、マルチサービスビジネスゲートウェイの機器市場は2007年に上昇し始めるとのことである。サービスプロバイダはユーザの求めに応じて、中小企業とブランチオフィス市場向けビジネスゲートウェイ機器などのバンドルサービスを進化させ、2007年までに提供を開始するだろう。ビジネスゲートウェイは、複数のプライマリ機能の実行向けに特別に設計された次世代のネットワーキングデバイスで、従来型の単独の機能やアプリケーションに最適化された多くのマルチサービス機器とは対照的である。

「ビジネスゲートウェイ新製品の市場での試行は2005年から2006年にかけて続くだろう。インスタット社の調査によれば、ビジネスゲートウェイの購入決定はPBXの交換としてではなく、データコムデバイスとして促進されるだろう」とインスタット社のアナリストであるKeith Nissen氏は言う。

インスタット社による調査結果を以下にあげる。

- 地域別に見ると北米は最大の市場になり、2007年にビジネスゲートウェイ出荷全体の約43%を占める。2番目は欧州で、市場シェア33%を占める。

- インスタット社が行った調査の回答によれば、マルチサービス機器と単独のサービスプロバイダが提供するバンドルサービスの人気が高い。

- 機器の購買決定はVoIPへの移行で高まる可能性があるが、現在中小企業と小規模の企業ではVoIPを全面的に導入する予定はない。

インスタット社の調査レポート「小/中規模ビジネスとブランチオフィス市場はマルチサービスビジネスゲートウェイを支持」は、中小規模の企業とブランチオフィス市場におけるビジネスゲートウェイの市場について記載している。2005年7月にインスタット社が市場特性と音声/データの機器/サービスにおける機器購入の傾向を特定するために行った市場調査の結果を提供している。この調査レポートはベンダ調査による推測の分析、ビジネスゲートウェイの台数と収益の予測を提供している。


◆調査レポート
小/中規模ビジネスとブランチオフィス市場はマルチサービスビジネスゲートウェイを支持
SMBs and Branch Office Markets Prefer Multi-Service Business Gateways!
リンク

◆インスタットについて
リンク


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社