お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

上海の交通銀行(Bank of Communications)、スターリングコマースのソリューションにより 顧客サービスの最適化と支店業務効率化を実現

~ 交通銀行はConnect:Directの導入により、データ集中化のレベルを引き上げ ~

2006年3月20日付けにて、シンガポールで発表されたリリースの抄訳です。

マルチエンタープライズ・コラボレーション・ソリューションを提供する世界的プロバイダーであるスターリングコマースは、中国の大手銀行である「交通銀行(Bank of Communications: BOCOM)」が、支店や取引先コミュニティとのコラボレーションのための集中型ファイル転送プラットフォームとしてConnect:Directを採用したことを発表しました。Connect:Directにより交通銀行(BOCOM)は、ビジネスの重要なファイル送受信の集中管理により、中国の銀行業界のハイリスクな需要や急速な変化に対応でき、市場におけるリーダーとしての位置を維持することができます。

Connect:Directは、本社・支店間において安全に、高い信頼性をもって、かつ効率的にビジネスにおける重要な情報や機密情報を転送するというニーズに応える製品です。Connect:Directの導入によって、交通銀行(BOCOM)は専用回線およびインターネット上において顧客や支店に安全なデータ配信を保証し、セキュア・ファイル転送処理のレベルを引き上げました。データ集中化のベスト・プラクティスを実現することにより、スターリングコマースは交通銀行(BOCOM)の外部ビジネス・コミュニティとの連携を最適化しつつ、社内プロセスの合理化を図る支援をします。Connect:Directにより、交通銀行(BOCOM)のコントロール外であったシステムに前例のない可視性と通信プロセスの管理性を提供し、交通銀行(BOCOM)はビジネスニーズの変化に即座に対応できるようになります。

世界の多くの業界においてデファクト・スタンダードとなっているConnect:Directは、大容量データの移動の自動化やインターネットを介した支店や取引先との接続に最適です。交通銀行(BOCOM)は、集中型ファイル転送プラットフォームであるConnect:Directの採用により、データの表示や処理方法を標準化したフォーマットを生成し、データ転送あたりの単価や障害率の低減、スタッフの生産性の向上、サービスレベル契約の遵守を実現します。Connect:Directの圧縮機能を活用し、交通銀行(BOCOM)はファイル転送にかかる時間を短縮しただけでなく、ネットワークにかかる負荷も軽減しました。

交通銀行(BOCOM)は、Connect:Directが稼動している取引先や支店との間でのファイル転送などのコミュニティ統合は、Connect:Directに任せています。「コミュニティ統合により、当社の業務において不可欠である分散ネットワークや支店との間の安全なデータの集中化を実現できます。」と、交通銀行(BOCOM)のCIOであるHou Weidong氏は語っています。「スターリングコマースのConnect:Directにより、ファイル転送を安全に管理することができます。これは、言い換えれば、本社側で各支店の活動をタイムリーかつ正確にモニタリングでき、経営層が顧客ニーズにあわせるための意思決定を行うための情報を提供することができると言えます。」

交通銀行(BOCOM)は、第一フェーズとしてホールセール・バンキング部門のデータ集中化のためのConnect:Directの導入を完了し、2006年8月に完了を予定している1年がかりのプロジェクトとしてリテール・バンキング部門のデータ集中化に取り組んでいます。

「データ集中化への関心が高まり、迅速に、安全に、高い信頼性をもったファイル転送システムを持つことは、中国の銀行においては最優先事項です。」と、スターリングコマースのアジアパシフィック地域のシニア・バイス・プレジデントであるニール・ベーカーは言います。「交通銀行(BOCOM)が、基盤システムの改善を数レベル向上させることができ、また、中国のような急激に変化するハイリスクな地域において成功を実現できたことを大変嬉しく思います。この導入事例は、アジア地域に広がる銀行に対し、セキュア・ファイル転送のソリューションを提供した証拠といえます。」

Connect:Directは、確実な配信、大容量データ対応、および安全なデータ交換のために最適化された、ピア・トゥ・ピア型のデータ連携ミドルウェアです。異機種間、異種のファイルシステム、異種の媒体において、あらゆる形式のデータを移動します。スターリングコマースのConnect:Directのユーザには、ワコビア(Wachobia)、HSBC、DBS銀行、上海商業儲蓄銀行(Shanghai Commercial and Savings Bank)などの世界大手の金融機関が含まれています。
以上

スターリングコマースおよびConnect : DirectはSterling Commerce, Inc.の(登録)商標です。
その他、記載の製品名・会社名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。


交通銀行(BOCOM)について
交通銀行(Bank of Communications : BOCOM)は、1908年に設立され、中国の最も古い4銀行の1行であり、中国の初期の紙幣発行銀行の1行です。交通銀行(BOCOM)は、中国初の国有持ち株の商業銀行でもありました。2005年6月23日付けにて、交通銀行(BOCOM)は中国本土外において株式上場した最初の中国ベースの商業銀行として、香港で株式上場をしました。数年間にわたった株式組織システムの開発および徹底的な改革の後、交通銀行(BOCOM)は、明確な開発戦略、完成された企業統治、充実した銀行ネットワーク、高度な運用管理、高品質のバンキング・サービス、財政状態の正常化により、一昔前の有名ブランド銀行でありながら、一流の最新商業銀行に変貌を遂げました。


スターリングコマース社について   URL: リンク
スターリングコマース社(Sterling Commerce, Inc. 本社:米国オハイオ州)は、2005年に創立30周年を迎え、企業の枠を超えて、取引先、サプライヤ、顧客、従業員のプロセスを拡張させ、ビジネスの可視化を実現する分野において活動をつづけてまいりました。AT&T社(NYSE: T)の100%子会社であり、マルチ・エンタープライズ・コラボレーション・ソリューションの世界最大手プロバイダーです。流通、消費財、製造、金融、ヘルスケア、通信などさまざまな業種の29,000を超える世界中のお客様の、コラボレーティブなマルチ・エンタープライズ・コミュニティの構築を支援しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社