お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ユーザー作成ウェブコンテンツは2010年まで急速に成長する

YouTubeやMySpaceなどにみられるように、ユーザー作成ウェブコンテンツ(UGC)は大きな人気を博して大きく成長しており、今後数年間収益は増加し、2010年までにはこれらのサイトのダウンロード/閲覧回数は650億を超え、UGC動画に関連する収益は8億5000万ドルを超えると、米国調査会社インスタット社では予測している。

YouTubeやMySpaceなどにみられるように、ユーザー作成ウェブコンテンツ(UGC)は大きな人気を博して大きく成長しており、今後数年間収益は増加し続けるだろうと、米国調査会社インスタット社は報告する。2010年までには、これらのサイトのダウンロード/閲覧回数は650億を超え、UGC動画に関連する収益は8億5000万ドルを超えると同社は予測している。これらの収益には、バナーやスカイスクレイパー(ページの右サイドに配置されているバナー広告の一種)の形態で直接ビデオにリンクされるものや、ビデオに埋め込まれたもの、Google AdSense、チャネルやページのブランド化などから上がるものなどがある。

「メディアの民主化によって、ユーザーは好きな動画に意見を述べ、コンテンツを評価し、投票することができるようになった。さらに、現在'無法地帯'と見えているものが実はひとつの業界であり、独特の'法令'や'法規制'がこの市場の企業によって作られつつあるのだ」と、インスタット社のアナリストMichael Inouye氏は語る。

インスタット社は下記についても調査した。
■ ダウンロード/閲覧回数は、2010年までにデータの1.1エクサバイト(110京バイト)を超え、アップロードは9.1ペタバイト(9100兆バイト)以上になると予測される
■ 調査した多くのUCGサイトの23%はモバイルアクセスをサポートしており、それ以外のサイトも今後はサポートすると表明している
■ YouTubeは動画では最も高いシェアを保持し、MySpaceは訪問数が最も多い

インスタット社の調査レポート「ユーザー作成コンテンツ(UGC)市場分析:動画共有サイト(YouTube)やSNS(MySpace)は見る時代から参加する時代へ - User Generated Content--More than Just Watching the YouTube and Hangin' in MySpace」は、ウェブのユーザー作成コンテンツ(UGC)市場を調査した。現在の登録ユーザー数と、ダウンロード/アップロード(サイズ、ファイル数、ビデオに直接連動した収益)を予測している。ビジネスモデル、YouTubeやMySpaceなどの企業、ビジネスチャンスを査定し、多くのユーザー作成コンテンツサイトのプロフィールを掲載している。

調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ユーザー作成コンテンツ(UGC)市場分析:動画共有サイト(YouTube)やSNS(MySpace)は見る時代から参加する時代へ
User Generated Content--More than Just Watching the YouTube and Hangin' in MySpace
リンク

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社