お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

WiMAXは個人向けブロードバンドに最適

インドの調査会社RNCOS社の調査レポート「WiMAX市場調査 2006-2007年 - WiMAX - A Market Update (2006-2007)」は、WiMAX市場のあらゆる側面からの詳細な調査結果を提供しています。

国際ローミングは加入者の関心を惹き、収益を上げることのできるモバイルサービスの決定打となるだろう。サービスプロバイダが、移動体ネットワーク向けの従来の契約と同様に、ローミングの契約をすることでパートナーにアクセスを提供するようになれば、広範なインフラを構築することなしに、市場に足場を広げていくことができる。

WiMAX技術は、データ通信において高いスループットとリアルタイムアプリケーションを利用するのに最適である。WiMAX技術は、オペレータがエッジ用のインフラに対して全面的にそれを使ういわゆる未開拓地域と、同時にネットワークオペレータが本当の意味でモバイルブロードバンドサービスを求める需要に応じて、処理能力やキャパシティを高めるために統合していくというネットワーク補填の、両方を容易に実現することができるものである。

インドの調査会社RNCOS社の調査レポート「WiMAX市場調査 2006-2007年 - WiMAX - A Market Update (2006-2007)」は、WiMAX市場のあらゆる側面からの詳細な論議を提供している。

無線WiMAXのブロードバンドネットワークは、サービスプロバイダが収益をあげられるビジネスモデルであると調査レポートは報告する。プロバイダは、WiMAXによっていくつかの付加価値サービスを提供することで、新しい収益を作り出すことができる。また、既存のサービスに新しいパッケージオプションを追加することで、高いコストをかけずに加入者の満足度をあげることができる。そしてブランド力と市場価値を高め、新しいサービスの顧客管理の質を高めることができる。

調査レポートは、下記の事柄についても調査している。
■WiMAX市場の現状
■世界のWiMAX市場の将来
■世界のWiMAX市場の地域毎の分析
■WiMAX市場の主要な牽引要因
■WiMAXのビジネスチャンスと課題
■WiMAXのアプリケーション
■WiMAXを提供するそれぞれの国の普及状況

調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
WiMAX市場調査 2006-2007年
WiMAX - A Market Update (2006-2007)
リンク

RNCOS社について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社