お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ATCAプラットフォームプロバイダはIBMと通信市場をめぐって争う

通信市場のキャリアグレードのブレードサーバ市場の競争企業は、重要な戦いへの準備段階にあると米国の調査会社インスタット社は報告している。Hewlett Packard、Motorola、Radisys、Sun Microsystemsなどの大企業グループ対IBMの構図があると同社は述べている。AdvancedTCAプラットフォームは業界のオープンスタンダード上に構築されるが、IBMが投入してくる製品は企業クラスのブレードセンターの強化版である。

通信市場のキャリアグレードのブレードサーバ市場の競争企業は、重要な戦いへの準備段階にあると米国の調査会社インスタット社は報告する。Hewlett Packard、Motorola、Radisys、Sun Microsystemsなどの大企業グループ対IBMの構図があると同社は述べている。AdvancedTCAプラットフォームは業界のオープンスタンダード上に構築されるが、IBMが投入してくる製品は企業クラスのブレードセンターの強化版である。

「IBMブレードセンターTにはいくつかの欠点があるかもしれないが、IBMは潜在顧客に対して、ブレードセンターシリーズTプラットフォームをAdvancedTCAと同等の製品として提示するだろう。IBMは、通信会社の顧客のバックオフィスシステムでブレードセンターTとして知られているセントラルオフィス製品を提供している強みを利用している」と、インスタット社のアナリストNorm Bogen氏は言う。

インスタット社は以下の点も調査している。

- 通信会社は、顧客に対して妥当な価格で高性能の革新的な製品を提供するために、費用対効果に優れ、高性能な次世代キャリアグレードプラットフォームを必要とし始めている
- 自社の技術を使ってプラットフォームを開発するよりもむしろ、既成のコンポーネントを市場で購入して、個別のアプリケーションに対応したプラットフォームのコストを最小限に抑えられれば、通信機器メーカーmにとってはベストであると、プラットフォームメーカーは感じている
- AdvancedTCAプラットフォームプロバイダは、通信企業とその顧客に新しい機能を提供する場合の長期投資を確実なものにした

インスタット社の調査レポート「代表的なATCAプラットフォームとIBM BladeCenter T(ブレードセンターティー)の比較 - A Comprehensive Comparison of Major AdvancedTCA Platforms Versus IBM’s BladeCenter T」は、通信業界における主要なキャリアグレードのブレードプラットフォームを調査した。競争技術、製品、主要ベンダの戦略を調査し、サービスプロバイダが年間900億ドルを費やすネットワーク機器の市場のプラットフォームを詳述している。

調査レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
代表的なATCAプラットフォームとIBM BladeCenter T(ブレードセンターティー)の比較
A Comprehensive Comparison of Major AdvancedTCA Platforms Versus IBM’s BladeCenter T
リンク

インスタット (In-Stat)について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社