お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ホームメディアサーバの販売数は2010年に5000万ユニット

米国の調査会社パークスアソシエイツ社社は、米国のホームメディアサーバの年間売上高は、2010年末に約5000万ユニットに達すると報告している。

メディアのバックアップの需要、ビデオプロバイダ間の競争、IPコンテンツへの接続性向上が促進するメディアサーバ

2006年5月25日
米国のホームメディアサーバの年間売上高は、2010年末に約5000万ユニットに達すると米国調査会社パークスアソシエイツ社の調査レポート「メディアサーバー:分析と予測」は予測している。この調査レポートでは、メディアサーバをホームネットワークでリンクしてソフトウェアをメディア共有するハードドライブベースのプラットホームと定義しており、需要サイドとサプライサイドの両方からの市場牽引要因が、今後5年間のこれらのメディア集中型のプラットホームの成長に拍車をかけるとしている。

「ホームメディアサーバは、消費者のデジタルコンテンツを保護し、ストレージすることで、より優れた機能性と魅力を提供するだろう。そして、技術ベンダ、機器メーカー、サービスプロバイダなどの多くの企業が、この家庭向けの集中型ストレージプラットホームの発展と展開によって利益を上げることになるだろう」と、パークスアソシエイツ社の副社長で主席アナリストのKurt Scherf氏は語る。

パークスアソシエイツ社の調査レポート「メディアサーバー:分析と予測」は、新しい製品カテゴリーであるメディアサーバの登場によって、ハードドライブメーカーやホームネットワーキングやストレージシリコン向けの技術ベンダの市場が拡大すると見ている。PCとCEメーカーは、メディアサーバ機能をプラットホームに組み入れることによって、IP配信によるコンテンツなどの新しいサービスやアプリケーションを製品に搭載したりして、利幅を上げることができるだろう。最終的には、ケーブル会社や衛星オペレータ、現在の通信会社などとビデオ企業の競争が高まり、利用者が家庭でも屋外でもどこででも、録画したコンテンツやサービスにアクセスできるようなセットトップメディアサーバーへと変っていくだろう。このようなサービス重視のプラットホームは、顧客ロイヤリティを高め、より高度なサービスによって新たな収益機会を作り出すだろう。

パークスアソシエイツ社の調査レポート「メディアサーバー:分析と予測」は、メディアサーバ製品の主要なカテゴリを特定し、予測します。


◆調査レポート
メディアサーバー:分析と予測
リンク

◆米国パークスアソシエイツ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社