お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

RFIDタグ業界におけるプリントエレクトロニクス

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
6月出版予定です。

プリントエレクトロニクスは、RFIDタグ業界に大きな影響を及ぼすだろう。現在、RFIDで利用されるプリントエレクトロニクスの主形態はプリントアンテナである。だが長期的には、プリントアンテナに加えて、プリントトランジスタとバッテリもタグの出荷も多くなるだろう。メーカーは、2007年後半か2008年前半にプリントトランジスタ製品を導入する計画である。
米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「RFIDタグ業界におけるプリントエレクトロニクス:プリントアンテナ、トランジスタ、バッテリがタグ価格と機能にもらたす長期的な影響」は、プリントコンポーネントが利用される方法と理由を分析している。この調査レポートは、どのようなRFID市場とアプリケーションがプリントアンテナやプリントトランジスタを導入するか調査している。市場の定量分析を提供し、出荷台数を周波数、アプリケーション、プリント方法別に記載している。また、プリントアンテナとトランジスタの収益の推移を記載している。タグへのセンサの追加や、スマートパッケージングの導入などのタグの発展の関連トピックも論考している。



◆調査レポート
RFIDタグ業界におけるプリントエレクトロニクス:プリントアンテナ、トランジスタ、バッテリがタグ価格と機能にもらたす長期的な影響
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社