お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

次世代のWi-Fi: 802.11n

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
5月出版予定です。

米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「次世代のWi-Fi: 802.11n - チップセット、技術、市場の促進要因」は、次の新しいWi-Fi技術である802.11nの出現について記載している。802.11gの普及と無線LAN規格によって、世界各国の消費者は、家庭、オフィス、企業での無線接続に慣れ、現在無線接続範囲の拡大、マルチメディアやビデオ配信などの分野での機能向上への期待が高まっている。

この調査レポートでは、まずIEEE規格団体が抱えている11n規格の初期的な課題と、最近発表された同技術のドラフト版1.0規格について述べている。エンハンストワイヤレスコンソーシアムのイニシアチブと、2007年の最終的な承認に向けてドラフトを発展させるための次のステップについて説明している。また、現在のドラフトのオプション機能と、それらによっていかに同技術が発展し、製品の差別化が行われるかを考察している。だが、もし慎重さを欠けば、相互運用に取って代わられるだろう。この調査レポートは、高度な無線機能を実現するMIMO、ビームステアリング、エラー訂正コーディングなどの11nの主要な技術特性を説明し、同分野で既に導入されている既存のMIMOソリューションを調査している。また、データネットワーク、家電、VoIP端末などの11nの様々な市場セグメントについて記載し、2010年までの市場規模を予測している。

◆調査レポート
次世代のWi-Fi: 802.11n - チップセット、技術、市場の促進要因
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社