お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ネット選挙運動解禁で日本は変わる?

2013年4月19日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットを活用した選挙運動を7月の参議院選挙から解禁する公選法改正案が、4月19日午前の参院本会議で可決、成立しました。今後は、ウェブサイトやTwitter、Facebookなどを使った選挙運動が可能になります。


 ネットを使った選挙運動が可能になることで、日本は変わるのでしょうか。また、どのような問題点が考えられますか。パネリストの皆さんのご意見を聞かせて下さい。


  • 手嶋守
    手嶋守さん (株式会社手嶋屋 代表取締役)
    ネット選挙活動はずっと支持してきたので、これで変わるか?というよりも「これで変えるんだ!」という意気込みが強いです。

    ネットやソーシャルメディアの本質は、
    「情報を届けたい人と受け取りたい人を、時間や距離の制約を超えて直接つなぐ」
    ことにあります。

    ネット選挙活動の解禁により、テレビや新聞などのフィルターを通じてしか情報を得られない現状から、候補者から直接情報を受け取ることができる状況に変化します。

    何年も前になりますが、大統領のオバマが候補者だった頃のネット戦略にとても感動しました。選挙という(我々から見れば)極めてアナログな世界に、最新テクノロジーをどんどん投入して、ソーシャルメディアを使いながら、選挙戦を戦っていく。

    こんなテクノロジーチームに自分もなりたい、と思っています。

    ▼オバマのサイト(支援者専用SNSまで付いている)
    (リンク »)

    ▼テクノロジーチームのインタビュー
    (リンク »)
    2013-04-25 14:48:18
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社