お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ゲイツ引退、本当の功績とは?

2008年6月30日 16時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoft常任会長 Bill Gates氏が6月27日に退任しました。すでに2000年1月にはCEOをSteven Ballmer氏に譲っており、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団での慈善活動に重心を移していましたが、今後はフルタイムの業務から完全に引退するそうです。

 Microsoftの設立、Windowsの開発などは、Gates氏の功績としてあまりに有名ですが、同氏がIT業界に与えた影響の本質とは何でしょうか。パネリストのみなさんのご意見を聞かせてください。


  • 神田敏晶
    神田敏晶さん (ビデオジャーナリスト)
    個人的に、”マイクロソフトを憎んで、ゲイツ憎まず”なので、お疲れ様ですといいたいです。

    何度かお会いしましたが、握手をした時に、ボクの握手があまりに強すぎて、彼が「アウチ!」と言ったことを覚えております。

    それを知っていた人が、ラリー・エリソンにボクを紹介するときに、世界で一人だけビルに「アウチ!」と呼ばせた男として紹介してもらったことがあります。

    ラリー・エリソンは、笑いながら、ボクにさらに強い握手で返してきました。そして、ボクが「アウチ!」というと、エリソンは「ビルに勝った!」と喜んでいました(笑)。側近は苦笑いでしたが…。

    もし、ゲイツの支援がなければ、アップルはギル・アメリオCEOによって、二足三文でサンマイクロに売られ、iMacもiPodもこの世に存在していなかったことでしょう。そう考えると…、アップルに代わってお礼を言いたいほどです。

    さらに、ビルアンドメリンダゲイツ財団では、「世界における病気・貧困への挑戦」として、資金を提供するだけでなく実質的なアクションも起こしているということなので、苦しむ人たちの、中間で搾取している役人や、国家、企業の新たなビッグブルー群に向けて、新たなマーケティングイノベーションを期待したいものです。

    全世界で、VistaのOSによって面倒くさく、苦しんでいる人たちに財団は、VistaをXPに自動的にダウングレードしてくれる新薬開発にも、協力してくれないものでしょうか?



    2008-06-30 18:00:56
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社