お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

注目分野となるか? ITとエコの関係

2007年12月3日 13時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleがクリーンエネルギービジネスに参入することを明らかにしました。2008年に再生可能エネルギーの研究開発に多くの資金を投資し、再生可能資源から作った電気を自社のデータセンタにまわすほか、他社に販売したり、技術を定額でライセンスすることも視野に入れているようです。日本では以前からはてなやミクシィがサーバの電気代をグリーン電力に切り替えています。また10月にはサンやIIJが地底空間にデータセンターを建設するエコプロジェクトを発足させました。IT企業が相次いで環境関連の取り組みを発表していますが、グリーンITは2008年の注目分野となるでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuya
    クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuyaさん (コンサルタント、経営アドバイザー)
    電気喰いであるIT産業は「資源効率≒事業効率」に近いはずなので、注目というかスタンダードになっていくのではないでしょうか。それこそ小さな所帯のスタートアップ企業だからこそ、ペットボトルは買わずにお湯で茶をいれるとか、そんなこともできそうです。

    ちなみにお客さんのところで話をすることが多い私は、気がついた時には自宅の浄水器の水を使用済みのペットボトルに詰めて持ち歩いています。エコという以前に、単純にコストがバカにならない(しさすがに水にはあまりお金払いたくない)ので。
    2007-12-04 11:02:13
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社